「4年ぶりの世界大会でのチャレンジ」2022年開催のU-20&17女子W杯に日本の出場が決定!

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月15日

「強く・逞しく、そして、アグレッシブに」

2018年のU-20女子W杯で日本は初優勝。現なでしこジャパン指揮官の池田太監督の下、世界一に輝いた。(C)Getty Images

画像を見る

 アジアサッカー連盟(AFC)は来年行なわれるU-20/U-17女子ワールドカップにおけるアジアからの出場チームを発表。両大会への日本女子代表の出場が決定した。

 ワールドカップの予選として2022年に行なわれる予定だったU20/U17女子アジアカップの中止により、今回の出場チームは2019年のU-19/U-16女子選手権での上位チームとなる。

 両大会のアジアからの出場チームは以下のとおり。

■U-20女子ワールドカップ・コスタリカ2022(2022/8/10~8/28)
アジアからの出場チーム
日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国
※U-20女子ワールドカップ 日本の成績
2008年:ベスト8、2012年:第3位、2016年:第3位、2018年:優勝

■U-17女子ワールドカップ・インド2022(2022/10/11~10/30)
アジアからの出場チーム
日本、朝鮮民主主義人民共和国、インド(ホスト国)
※U-17女子ワールドカップ 日本の成績
2008年:ベスト8、2010年:準優勝、2012年:ベスト8、2014年:優勝、2016年:準優勝、2018年:ベスト8
 
 また、両代表チームを率いる監督は日本サッカー協会の公式ホームページを通じて、以下のように意気込みを語っている。

●U-19日本女子代表 池田太監督
「ワールドカップの出場が決定し嬉しく思います。2020年大会がコロナウイルスの影響で中止となり4年ぶりの世界大会でのチャレンジとなります。チームの立ち上げからワールドカップで戦うことをイメージして成長を続けている選手達とともに来年8月の開催に向かって準備を進めていきたいと思います」

●U-16日本女子代表 狩野倫久監督
「今までの日本の女子サッカーの活躍、U-16・U-17日本女子代表チームの過去大会の成績により今回のFIFA U-17女子ワールドカップの出場が決定したことは、今までの育成年代の日本女子代表の成果の賜物であることに、まずは感謝の気持ちです。2021年4月に立ち上げたこのチームは強く・逞しく、そして、アグレッシブに世界の舞台で躍動し、世界チャンピオンになるべく、そこに向け、最も成長するチーム、選手・スタッフとなるよう、日々全力で挑戦していきます」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】清水梨紗、塩越柚歩、仲田歩夢!試合に華を添える注目の”WEリーガー”を厳選!
 
【関連記事】
なでしこジャパン候補メンバーが発表! 猶本光、清水梨紗、北川ひかる、成宮唯らが選出
「イケメン」「付き合って」アーセナル岩渕真奈のオフショットが“カッコよすぎ”と話題!
「美人すぎです!!」なでしこ清水梨紗が『メディキュット』SPムービーの舞台裏映像を公開!
「ほんと綺麗ですね」なでしこ猶本光が披露した“ドアップびっくり顔”に賛辞相次ぐ!「ひかひか可愛すぎ」
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ