フランクフルトの初戦は、ホームでフェネルバフチェ―とドロー。鎌田大地のアシストは幻に【EL】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月17日

本拠地でのゲームでも今季初勝利には手が届かず

鎌田はフル出場。長谷部は出場せずだった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月16日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節が各地で行なわれ、グループDではブンデスリーガのフランクフルトが、ホームにトルコ1部フェネルバフチェを迎えた。

 熱狂的なサポーターに見守られるなか、ホームのフランクフルトは4-2-3-1の布陣で、鎌田はトップ下で先発。長谷部はベンチスタートとなった。

 10分、フェネルバフチェで先発した元ドイツ代表メスト・エジルにゴールを許し、フランクフルトはいきなり追いかける展開となった。

 しかし、タイトなアウェーチームに対し、間延びしたホームチームはセカンドボールを拾うこともできず、前線への展開もなかなか連携がうまくいかずに、勢いのあるフェネルバフチェの攻撃を受け続けて辛抱し続ける、じりじりとした展開が続く。

 ようやくゴールに手が届いたのは41分、左サイドからコスティッチが仕掛けて突破し、マイナスのクロスに反応したランメルスがダイレクトシュート。新戦力の初ゴールで、前半を1-1で折り返す。

 攻守が目まぐるしく入れ替わるなか、60分には鎌田が絶妙な飛び出しからドリブルで突破し、中央へマイナスのパス。これをランメルスが蹴りこんでネットを揺らすも、オフサイドで無効となる。

 フランクフルトは72分にハウゲを投入。一方のフェネルバフチェも、76分にスコアラーのエジルを含む4人を一気に交代させる。
 

 鎌田も中盤から前線まで走り回り、86分にはゴール前に走りこむ猛ダッシュをみせるも、ゴールは遠い。

 そして迎えた89分、右サイドからの突破を許し、DFを振り切ったフェルカスの突破をGKトラップが倒してしまい、PKを与えてしまう。キッカーはフェリカスがそのまま務め、トラップは一度はじき返すも、詰めていたペリシェに押し込まれる。

 しかし、この場面でフェルカスが蹴るよりも早くペリシェがエリア内に踏み込んでいたことから、このゴールも取り消され、フランクフルトは九死に一生を得た。

 試合終盤には交錯プレーから、あわや乱闘という場面もあったが、結果、1-1のドローに終わっている。フランクフルトは今季未勝利が続いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブンデスリーガの21-22シーズン、新キットに注目! 長谷部誠、鎌田大地、遠藤航らサムライ戦士がドイツで躍動

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 
【関連記事】
「香川、長谷部に続くスター」ブンデス公式が遠藤航を特集!「指揮官が”戦士”と呼ぶ、数少ない存在」
「クボの身のこなしは尋常じゃない」久保建英の“無双動画”に韓国のファンも驚愕!イ・ガンインとの連係にも期待「マジョルカの王だ」
ヘンク伊東純也が後半ATに決勝弾をアシスト! ラピド・ウィーンの北川航也は出場せず【EL】
鎌田大地には“迷い”があった? フランクフルト指揮官が日本人MFの不振に言及「それが人間だ」
「本当に良い感覚を備えたDF」シャルケ指揮官が板倉滉を手放しで称賛! 感銘を受けた能力とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ