「引退を考えた時もありました」フットサル転向の松井大輔がYS横浜入団会見!経験者カズからの助言は…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月14日

「野球の大谷選手のような二刀流というのもあるかもしれない」

横浜FC時代のチームメイトでフットサル経験者のカズ(右)に相談したという松井(左)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本に復帰した松井大輔は9月14日、『ABEMA SPORTSLIVE2ch』でY.S.C.C.横浜のフットサルチームへの加入会見を行なった。

 2000年に鹿児島実高から京都に加入した松井は、04年に当時フランス2部のル・マンへ移籍。その後、フランスのサンテティエンヌ、グルノーブル、ディジョンやロシアのトム・トムスク、ブルガリアのスラビア・ソフィア、ポーランドのレヒア・グダニスク、オドラ・オポーレなど各国のクラブで活躍。Jリーグでも2014年から17年に磐田、2018年から横浜FCなどでプレーしていた。

 2020年12月には、ベトナムのサイゴンFCへ移籍。しかし、2021年の1月に新シーズンが開幕したベトナムリーグは、2月の旧正月での中断期間からコロナ禍の影響を色濃く受け、以降は都市がロックダウン。リーグ戦再開も当初の予定から大幅に延期された状況が続いていた。

 2010年の南アフリカ・ワールドカップも経験した元日本代表は、ベトナムでは「明日の練習も分からないところもある」とし、「詳しいことはわかりませんが、7月終わりから開催されると言われていたが、ロックダウンが伸びて、最後は来年の2月からとなっていた」と当時を振り返る。

 そんな折に今回のフットサルチームへのオファーがあったという。「今回いろいろとオファーがあるなか、本当はベトナムでプロ生活を終えようか迷っていました。この1年で引退を考えた時もありました」
 
「家から出られず、軍の人がごはんを持ってきてくれた。ちょっとした非常階段や解放されていた屋上に少し出れたくらい。外に出れないというのはサッカー選手としては致命的」というベトナムでのロックダウン中に「ここで終わっていいのか?」と自問自答し、以下のような結論に至ったという。

「フットサルの話が来た時に、自分らしさを一番に、長くないサッカー人生をどう進むか考えた結果、子供に戻ったようなワクワク感をピッチで表現できるのかな」
 松井は、このように考え、YS横浜フットサルチームへの加入を決断した。

 日本への復帰、フットサルの転向については、Fリーグの公式戦に出場し、フットサルのワールドカップに日本代表として出場した経験も持つ、元チームメイトの三浦知良に相談。カズからは「面白いんじゃないかという話もしていただき、難しいけど大輔ならできるんじゃないかと言っていただきました」とエールを送られたようだ。

 サッカーとフットサルでは小さくない違いもあるものの、松井の持ち味でもあるテクニックや創造性などが活きる部分も少なからずある。

 40歳となった松井は「Fリーグや日本のフットサル界を盛り上げられたら」と意気込みを語った。

 YS横浜はフットサルチーム以外にもJ3に参戦しているサッカーチームも併せ持つ。

「この先どうなるか分かりませんが、野球の大谷選手のような二刀流というのもあるかもしれないですが、それは分かりません」

 稀代のテクニシャンは新たな挑戦も視野に日本復帰を決めたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
神戸が異次元すぎるシュート練習を公開! イニエスタvsボージャンの対決にファンも興奮「ずっとみてられる」
「信じられない!」香川真司が先発した開幕戦で…同僚GKの衝撃ミスに現地唖然!「恐ろしい失態」
「行動が外国人すぎる」久保建英の指揮官への“20歳とは思えない絡み”が大反響!「監督との関係が最高」
「マジ王子」浦和ユンカー、WEリーグ開幕戦でレディースの逆転勝利を称賛!「でた!ユンカー&ユイカ―」とSNS上で盛況
「幼少期とほぼお顔が同じ」「ずーっとイケメン」“40歳”松井大輔の子ども時代のレアショットに反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ