「相手がどいてパスコースができた」パリ五輪世代の注目MF成岡輝瑠に授けた藤本淳吾の“金言”

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年09月09日

「淳吾さんから『そこ止まってみろ』と言われたんです」

藤本(左)の助言で新たな発見があった成岡(右)。ともにチームの主力としてJ2残留に向け奮闘を続けている。写真:田中研治

画像を見る

 今年1月のチーム始動日に、SC相模原の藤本淳吾はこんなことを言っていた。

「気づいたことがあったら、どんどん言っていきたいし、言っていかないといけない。そこは自分の役割だと思うんで」

 J1はもちろん、日本代表での実績もある。クラブ史上初のJ2に挑む相模原で、実際のプレーだけでなく、自らの経験を伝えていきたいと、そんな想いだったのだろう。

 37歳のレフティは、その言葉どおりの振る舞いを見せている。たとえば紅白戦でプレーが止まっている時、身振り手振りを交えて後輩にアドバイスを送る。そんな藤本の助言に、「まだまだサッカーを知らないな」と気づきを得たのが、ボランチ成岡輝瑠だ。

 8月28日に行なわれたJ2第27節のジュビロ磐田戦でのことだ。

「自分の前に相手がいる状態で、味方のCBがボールを持っていた時に、自分はパスをもらいたくて、右とか左とかずっと動いていたんですよ。そうしたら淳吾さんから『そこ止まってみろ』と言われたんです。それで止まっていたら、スッとボールが入ってきて。

 ボールは動いているのに、自分は止まっている。そういう感覚がまだなくて、でも止まっていただけなのに、なんだろう、相手がどいて自分へのパスコースができた。上のレベルの人たちは、こういうことを考えながらプレーしているんだなって」

 成岡はプロ1年目の19歳。「どうしても動けるから、動いちゃう」という。だが藤本の一言で、「動いちゃうけど、逆に止まっているほうが相手からしたら嫌だったりとか」と、新たな発見があったようだ。
 
 パリ五輪世代の有望株に、現在はシャドーを主戦場とする藤本について訊けば、次のように答える。

「いてほしいところにいてくれるというか。自分がどうしても周りが見えていない時もあって、でも前を向いた時に、スッとパスコースを作ってくれる。動きすぎることもなく、でも要所要所には必ず顔を出してくれる」

 一方の藤本が見た成岡は「技術がしっかりしていて、ドリブルで前を向けるし、そういうのは上手いなと思う」とのことだ。

 歳の差は一回り以上、離れている藤本と成岡。J2残留を目指す相模原で主力として奮闘を続けるふたりのさらなる活躍に注目だ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【サポーターPHOTO】選手を後押しする相模原サポーターたち!!

【J2第28節PHOTO】相模原1-0千葉|試合終了直前!木村誠二の劇的ヘディングシュートが決まり相模原が千葉に勝利!!
 
【関連記事】
「ゴール前で何ができるか」ボランチとしてさらなる進化を求める相模原・成岡輝瑠の現在地
危機感と充実感の両輪で――相模原ですべてを懸けて戦うパリ五輪世代DF木村誠二の不退転の決意
J2最下位でも「見ていて面白い」相模原の戦いぶり。チームを着実に前進させている高木監督の流儀
オフ明けの相模原の練習グラウンド、ピンと張りつめた緊張感――高木監督が語気を強めた理由
「キーパーノーチャンス、エグい」藤本淳吾が磐田戦で決めた直接FKにファン歓喜!「錆びない左脚」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ