南野拓実とプレミア初挑戦の“元同僚”韓国代表FWを米メディアが比較!「ミナミノの二の舞にならないように…」

カテゴリ:移籍情報

ワールド

2021年08月31日

「ミナミノはプレミアのインテンシティとフィジカルへの対応に苦しんだ」

ウルブス加入が決まったファン・ヒチャン(左)。オーストリアでは南野の攻撃ユニットを組んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ挑戦に意気込む韓国代表ストライカーに、ザルツブルクで同僚だった日本代表アタッカーの二の舞になるなとの警鐘が鳴らされた。

 ウォルバーハンプトンは8月29日、RBライプツィヒからファン・ヒチャンをレンタルで獲得したことを発表した。これを受け、米スポーツチャンネル『ESPN』は30日、「プレミアリーグ移籍でファン・ヒチャンはミナミノのような運命を避けることを目指さなければならない」と報じている。

 南野拓実とファン・ヒチャンはレッドブル・ザルツブルク時代の2019-20シーズン、チャンピオンズ・リーグのリバプール戦などで大きな注目を集めた。当時チームメイトだったアーリング・ハーランドは、ドルトムント移籍後も飛躍を続け、世界を代表するストライカーに成長している。

 一方、南野がユルゲン・クロップ率いるリバプールで苦戦しているのは周知のとおりだ。昨季はシーズン途中にサウサンプトンにレンタル移籍。今季はプレシーズンマッチでこそ好パフォーマンスを見せたが、プレミアリーグ開幕から3試合で出場機会を得られていない。

ESPNは「元チームメイトであり、同じアジアのスターであるミナミノと同じ道に進まないように、ファン・ヒチャンは気をつけなければいけない」と報じた。

「モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの代わりとしてクロップの攻撃陣に入るというほぼ不可能なタスクに直面し、現在のミナミノはディオゴ・ジョッタ、ハービー・エリオットの後塵を拝している。ファン・ヒチャンはスタメン入りするチャンスがあると楽観的になれるが、両手でその機会をつかむ用意をしなければならない」

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 さらに、同メディアは「ファン・ヒチャンにとってポジティブなのは、彼がイングランドのサッカーに完璧と思われることだ」と続けている。

「ゆったりとしたスタイルで若干軽くもあるミナミノは、プレミアリーグのインテンシティとフィジカルへの対応に苦しんだが、屈強さや闘争的なプレーで知られるパワフルなファン・ヒチャンにそういった問題はないはずだ」

 南野のリバプール移籍から1年半、ファン・ヒチャンはイングランドの地で活躍できるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「愚かな選択、理解不能」イ・ガンインへのバレンシアの“冷酷な仕打ち”を韓国メディアが糾弾!「後悔しても取り返しがつかない」
「エムバペの移籍交渉は決裂」と仏大手紙が報道! マドリーの250億円“非公式オファー”もパリSGが拒絶か
エムバペはなぜCL制覇も狙える“新・銀河系軍団”からの離脱を決意したのか。最大の理由はやはり…
「ナカムラの印象を進化させた」古橋亨梧の活躍を英国人記者はどう見ているのか。「順調なスタートが切れた背景には…」【現地発】
「早くもタケがチームの中心だ」久保建英のパフォーマンス をマジョルカ番記者が“MVP級”と絶賛した理由「理想のパートナーを見出した」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ