名古屋の連勝は「3」でストップ。金崎夢生が復帰も、藤本憲明ら新加入5選手を先発させた清水と1-1の痛み分け

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月29日

後半に投入された金崎夢生は今季初出場

ポストプレーで前線を活性化させた金崎。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月29日、第27節の5試合を各地で開催。豊田スタジアムで行われた名古屋と清水の一戦は、1-1の引き分けに終わった。

 無失点で3連勝中とらしさを取り戻してきた名古屋は、前節から3選手を入れ替えた。シュヴィルツォクが外れ、前線は、柿谷曜一朗、前田直輝、マテウス、森下龍矢が務める。

 一方、中断明けの23節から2分2敗で白星のない清水は、スタメン2選手を変更。藤本憲明が加入後初先発したほか、井林章、ホナウド、ベンジャミン・コロリ、松岡大起と今夏に加入した新戦力5人全員が名を連ねた。

 試合は両チームシュートまでたどり着けない時間が続く。徐々に敵陣でのプレー機会を増やす名古屋は、マテウスがミドルレンジからシュートを放ち様子を伺うと、前半終了間際にはそのマテウスのドリブルから長澤和輝、稲垣祥とつなぎ、最後は走りこんだ吉田豊が強烈なシュートを放つが、日本代表に招集されているGK権田修一に防がれる。
 
 スコアレスで迎えた後半も、ホームチームがペースを掴む。柿谷、前田が前線でボールを受ける回数を増やすが、カウンターから清水のチアゴ・サンタナにネットを揺らされる。しかしこれはオフサイドの判定で事なきを得る。

 すると直後の57分、敵陣でプレスを仕掛けパスカットに成功すると、長澤からの縦パスがゴール正面に走りこんだ前田に通る。ボールを受けたレフティは迷わず左足を一閃。強烈なシュートがゴール右のネットに突き刺さり、名古屋が先制に成功する。

 直後に名古屋ベンチが動き、米本拓司と新婚の相馬勇紀の2枚を投入。対する清水も滝裕太と西澤健太を続けて送り出した。

 次の1点を奪ったのは、アウェーの清水だった。ルーズボールを藤本が華麗なトラップで収め、右サイドからクロスを供給。中谷進之介にマークに付かれながらもサンタナが右足のボレーでゴール左隅に流し込み74分に清水が1-1の同点に追いつく。

 追いつかれた名古屋は75分に金崎夢生を投入。長期の負傷離脱から復帰し、今シーズン初出場となった。

 終盤にはその金崎が相手ゴールへ抜け出し、ポストプレーからチャンスを創出する。

 一方の清水も守備の要のヴァウドが脳震盪による交代でピッチを後にする。

 その後も両チームチャンスを迎えるものの、ゴールは奪えず同点のまま試合終了の笛を迎えた。

 代表ウィークを挟んで迎える次節、名古屋はルヴァンカップの準々決勝で鹿島との2連戦後の9月10日にホームで徳島と対戦。清水は11日に敵地で鳥栖と激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
交代時にスタンディングオベーションを受けた久保建英。3人からユニホームを要求され…
「彼から目を離すな」中国メディアが警戒する日本代表アタッカーは? 南野でも久保でもなく…
「明るい家庭を築いていきたい」名古屋・相馬勇紀がフリーアナウンサー森山るりさんとの入籍を報告
清水公式に誕生日を迎えた藤本憲明が動画で登場!ハイテンションメッセージに「今のエスパルスに1番必要なキャラ」とファン期待
「やるよ、あいつは」内田篤人が太鼓判を押した“パリ五輪世代”の逸材は?「そろそろ海外が…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ