「不幸なデビューだった」板倉滉の新天地初陣に現地紙が嘆き。シャルケ指揮官の評価は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月24日

アウェー戦での突然のデビューだった

加入3日目でピッチに立った板倉。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月21日に行なわれたドイツ2部リーグ第4節レーゲンスブルク戦で、先週木曜日に加入が発表された板倉滉がさっそくデビュー。後半からピッチに立ったが、試合は1-4で敗れている。

 この試合がデビュー戦となった板倉について、現地紙『Ruhr Nachrichten』は「ダーコ・チュリノフとともに、サプライズな登場となった」と綴っている。

「数日前に契約したばかりの新戦力が、シャルカーの一員としてプレーしたことは必ずしも予想されていなかった。多くのサポーターにとって、ふたりがいきなり使われたことは少なくない驚きだった。

 ディミトリオス・グラモジスは大胆な決断を下した。板倉は木曜にトレーニング無しで期限付き移籍が発表され、金曜日に初めて新しいチームメイトとトレーニングを行なった。おそらく、指揮官はそこで大きな印象を抱いたのだろう」
 
 板倉は後半開始からピッチに立ち、CBでプレーした。しかし、交代して13分後にイエローカードを提示され、3点目を奪われるシーンのファウルに関与。同紙は「契約から初出場までの時間的な余裕がなく、過大評価されるべきではない不幸なデビューだった」と綴っている。

 だが、グラモジス監督は試合後のインタビューで板倉のプレーそのものには「満足している」と述べたという。

「ボールを持ったときには落ち着いたプレーを見せてくれた。彼に交代したことで、後半の立ち上がりは試合をうまくコントロールできるようになったと思う」

 とはいえ、試合は1-4での大敗に終わった。板倉と交代したフロリアン・フリックは体調を崩したとされており、次節以降も板倉の起用の可能性は十分に残されているようだ。

 シャルケは次節、田中碧が加入したデュッセルドルフと対戦する。いきなりのドイツ2部での日本人対決となるか、注目を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
三笘薫はベルギーで躍動できるか。新天地の現状や指揮官の思惑、起用ポジション、出番の可能性について
「10点満点中10点」デュッセルドルフ田中碧のデビュー戦に現地サポも興奮!「次はスタメンで見たい」
「シティから来た日本代表DFは何者だ?」シャルケ移籍の板倉滉にブンデス公式も注目!「似ている」と評された名手は?
「オーラ半端ないって!」神戸・大迫勇也のユニ姿にファン歓喜!「やっぱ10番格好いいなぁ」
長谷部誠が文字通りドイツの“生ける伝説”に! ブンデスのレジェンドに、現役選手から唯一選出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ