ベンチ外が続く遠藤渓太、ウニオン・ベルリン指揮官が語ったその“理由”とは?「確かに今は控えに回っているが…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月23日

今シーズンの公式戦出場は「0」

PSMでは出番もあったが、シーズンイン後はベンチ外が続いている遠藤渓太。(C)Getty Images

画像を見る

 ウニオン・ベルリンに所属する遠藤渓太は、ブンデスリーガ開幕後、ベンチ外が続いている。この件について、同クラブのウルス・フィッシャー監督が言及した。現地メディア『Ligainsider』が報じている。

 遠藤は2020年7月に期限付きでウニオンに加入。今年7月には完全移籍が発表され、シーズン前にはプレシーズンマッチにも出場するなど、好調の兆しを見せていた。

 だが、シーズン初戦となるDFBポカール1回戦にはベンチ入りしたものの出番は来ず。その後は、ブンデス2試合、ヨーロッパカンファレンスリーグ1回戦も帯同したものの、ベンチ外となり、いまだ公式戦出場は叶っていない。
 
 出番を失っている日本人アタッカーについて、22日の記者会見でフィッシャー監督は「確かに今は、少し後ろに下がって、控えに回っている」と認め、このように語ったという。

「だが、それは彼だけではない。それがフットボールであり、こうした決断が必要ないケースもある。だからといって彼に献身さが欠けているとか、そういうことではない。

 彼は今、自分が何をすべきか分かっている。そのための努力を惜しまず、トレーニングでは全力を尽くして、メンバー入りを目指している。それは明らかなことだ」

 ウニオン・ベルリンはブンデスでの2試合をドローで終えており、29日にはボルシアMGと対戦する。23歳の日本人プレーヤーは2年目に突入したブンデスリーガで、チームの戦力に復帰できるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブンデスリーガの21-22シーズン、新キットに注目! 長谷部誠、鎌田大地、遠藤航らサムライ戦士がドイツで躍動
【関連記事】
宿敵レンジャーズのサポーターに古橋亨梧への“人種差別行為”疑惑が浮上! セルティックは厳重抗議
神戸新加入のFW大迫がついに合流!早ければ25日のアウェー大分戦でのデビューも
アラベス原大智はベルギー1部シント=トロイデンで武者修行へ? 現地紙が報じる
「日曜のミステリー」C・ロナウドはなぜ開幕戦でスタメンから外れたのか? 現地も騒然となるなか、指揮官は…
「10点満点中10点」デュッセルドルフ田中碧のデビュー戦に現地サポも興奮!「次はスタメンで見たい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ