• トップ
  • ニュース一覧
  • 浦和がJリーグの懲罰に対して「懲罰規程の適用に誤りがある」とスポーツ仲裁裁判所に提訴

浦和がJリーグの懲罰に対して「懲罰規程の適用に誤りがある」とスポーツ仲裁裁判所に提訴

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月19日

現状は「得点を3対0として試合を没収」

JFA不服申立委員会へ文書を提出するものの、[不服申立可能な懲罰]に該当しないということで却下されていた。

画像を見る

 浦和レッズは8月19日、クラブの公式ホームページで、Jリーグより下されたエントリー手続不備事案について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したことを報告した。

 問題となっている事案は、6月20日に開催されたJ1リーグ18節の湘南ベルマーレ戦で、浦和が所定の手続きを踏まずエントリー資格の認定を受けていなかったGK鈴木彩艶を出場させた件だ。

 これに対してJリーグは、懲罰基準3-3「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)」に該当するとして、該当試合を「得点を3対0として試合を没収」するとした。

 浦和も「エントリー手続不備については浦和レッズに責任があり、反省すると共に相応の処分については受け入れます」と認めている一方で、鈴木は直前までU-24日本代表に招集されており、6月12日に実施された代表活動時のコロナ検査でも陰性判定を受けていたため、「当該選手はJリーグの公式試合への『出場資格』はあるものの、本試合へエントリーする手続に欠けていた状況」だと判断。

 そのため、前述の懲罰基準3-3ではなく、懲罰基準3-7「チーム又は選手等によるその他の違反行為」として懲罰を科すべきものとの判断から「懲罰規程の適用に誤りがあるとして、クラブ内で検討の結果、CASに提訴しました」と報告した。
 
 なお、浦和は今回の提訴の判断に至った理由も以下のように発表している。

「『日本サッカーの水準向上及びサッカーの普及促進』等、Jリーグの理念を実現すべく、JFA及びJリーグと協力してクラブを運営していくものであり、この基本的な姿勢は、過去も、現在も、将来も変わりません。JFA及びJリーグが自ら定めたルールを正しく理解して、正しく運用することは、健全な日本サッカー界にとって必要なことであると考えます。本件について浦和レッズは、第三者機関による中立公正な判断を求めることがJFA及びJリーグを構成するクラブの責務であると考えると同時に、今シーズンにおける浦和レッズの順位やACLの出場権獲得に影響を及ぼすこと、さらには他のクラブにおいても同様のことが発生した場合、クラブの根幹に影響を及ぼす大きな事態に繋がる恐れがあることなどから今回の結論に至りました。このことにより、これまで培ってきたJリーグや日本サッカー協会との関係を毀損させる意図はないこと、日本のスポーツ界、サッカー界の発展を願い全力を挙げていきます」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「強力なお二人」浦和・槙野智章&酒井宏樹、勝利のサムズアップ2ショットに反響! 京都サポも「どよめいてました!!」
「男前が…ズルい!」浦和FWユンカーの斜め上を行くマスク画像が大反響!「ユーモアのセンスも抜群なのか」
総体4強が決定! 大本命・青森山田が4試合24得点と圧巻の強さ!! 静岡学園は優勝候補の一角を撃破
「最高のクオリティが生まれた瞬間」6戦6発の古橋亨梧に高評価! 英紙は“飛び込みボレー”に驚嘆
「ファンタスティック!」アーセナル岩渕真奈のデビュー戦初ゴールに現地ファン熱狂!「マジでうまいな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ