五輪代表FW林大地、海外挑戦が決定! 完全移籍でサガン鳥栖とベルギー1部STVVが基本合意

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月08日

オリンピックでも奮闘したストライカーがベルギーへ

海外初挑戦を選択した林。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 8月8日、東京五輪のU-24日本代表メンバーであるサガン鳥栖の林大地が、ベルギー1部シント=トロイデンへ完全移籍することで基本合意したと両クラブが発表した。現地でのメディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定。移籍金や契約年数などは明らかになっていない。

 林は1997年生まれの24歳。東京オリンピックには当初、バックアップメンバーの選出だったが、コロナ禍の影響などを踏まえ、登録枠が22人に拡大したことにより正式メンバーとなった。そして本大会でもワントップとして5試合に先発するなどチーム内でも台頭し、持ち前の身体を張ったプレーで日本のベスト4進出に貢献した。

 
 林は各クラブのHPで今回の挑戦に対する意気込みを、「シーズン途中にもかかわらず、自分の想いを尊重し背中を押して送り出してくれたサガン鳥栖には感謝の気持ちしかありません」と鳥栖への感謝を述べている。

 迎え入れるSTVVの立石敬之CEOは「今回の契約を嬉しく思います。ピッチの前線で闘う姿勢は必ずベルギーにおいても信頼を勝ち得る事ができると信じています。更に成長してSTVVの勝利に貢献して欲しいです」とその挑戦に太鼓判を押している。

 8月9日に行なわれるFC東京戦の後にセレモニーを行なう予定だという。オリンピックで確かな成長を見せたストライカーの今後の成長に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】バックアップメンバーからレギュラーへ!前線で体を張り、試合ごとに成長を見せる林大地!
【関連記事】
日本代表エース大迫勇也の神戸移籍が正式決定!「もう一段階自分を成長させるため」
「やらないといけないことはたくさんある」バックアッパーからスタメン抜擢の林大地、次はW杯を目指す!【東京五輪】
「俺はのほほんとしてられへんねん!」頭角現わすFW林大地、プロ入り前の“叫び”に母校恩師が確信した想い【東京五輪】
「キリキリした2ヶ月が終わりました」吉田麻也、オリンピックの戦いを終えた心境を綴る【東京五輪】
「最終ラインに安定をもたらした」シュツットガルト伊藤洋輝のデビューを、現地メディアは軒並み高評価!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ