「『行ってよかったね』と言ってもらえるように」神戸MF増山朝陽が大分へ完全移籍!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月05日

「行くからにはしっかり活躍して」

大分への完全移籍が決まった増山。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1の大分トリニータは8月5日、ヴィッセル神戸から増山朝陽を完全移籍で獲得したことを発表した。

 24歳の増山は福岡県出身。東福岡高を卒業後、神戸へ入団し、横浜FC、アビスパ福岡などでも活躍。神戸でプレーしていた今季はリーグ17試合に出場していた。

 増山は大分のクラブ公式HPで、以下のようにコメントしている。

「大分トリニータに携わる皆さま、はじめまして、増山朝陽です。この難しい状況を少しでも変えることができるように全身全霊で取り組みます。

 いい時も悪い時も一つになって困難を乗り越えましょう。必ず成し遂げられると信じています。これからよろしくお願いします」
 
 また、神戸の公式HPでは以下のようにコメント。

「この度大分トリニータに完全移籍することになりました。

 ヴィッセル神戸でプロ生活を始めさせてもらって在籍7年目になりますが毎日新鮮で、すごい選手たちと一緒にプレーをさせてもらって毎日が楽しくて得るものがたくさんありましたし、皆もすごく人柄もよく充実した日々でした。思い返すと沢山の思い出があり言葉では表せません。

 こんな僕ですが温かくいつも応援してくれたファン、サポーターの皆さまには感謝しかありません。もっとこのチームで活躍したい気持ちもあり、とても難しい決断でした。

 行くからにはしっかり活躍して皆さまに『行ってよかったね』と言ってもらえるように1日1日大切に過ごします。本当にお世話になりました。ありがとうございました」

 大分は今夏、呉屋大翔(←柏)、梅崎司(←湘南)、野嶽惇也(←鹿児島)を補強。増山が4人目の新戦力となる。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「プレゼントをありがとう、兄弟」ブラジル代表DFアウベスが背番号8の神戸ユニ姿を披露!【東京五輪】
【中断明けの青写真|大分】残留に向けて生まれ変わりを図る! 攻撃時の良い流れを生む新戦力が周囲に好影響
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
【セルジオ越後】タフで強い、本当に凄かった! フランス戦で一番輝いたのは久保くんでも遠藤でもないね/東京五輪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ