森保監督には明確な“スペイン攻略法”があった。にもかかわらず日本はなぜ勝てなかったのか【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月04日

「焦らずに守りながら…」

森保監督は試合後の会見でスペイン戦を振り返った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 目標に掲げていた金メダルには届かなかった。優勝候補スペインとの準決勝、日本は延長戦の末に0-1で敗れた。

 日本代表の森保一監督は「決勝へ駒を進めることをチーム全体で準備していたので、思ったような結果を得られずに残念」と試合を総括したあと、スペイン戦のプランを明かす。

「守備の時間が長くなることはある程度、予想していました。そのなかで、スタートからアグレッシブに戦ってチームとして粘り強く戦うことを考えていました」

 もちろん、“守るだけで点を取りにいかない”というわけではない。指揮官は「焦らずに守りながら、我々に与えられるスペースでカウンター勝負する」という計画を持っていた。
 
 しかし、先述したとおり日本は惜敗。では、何が足りなかったのか。森保監督に言わせればこうだ。

「最後にゴールまで至らなかったのはまだまだ。守備から攻撃への切り替えスピードや、ゴールを決め切るところは課題。攻撃は全体的な質を上げていかなければいけない」

 日本はスペインに健闘したが、決勝へ進むことができなかったのも事実。大事なのは「この経験を今後の成長、勝ちにつなげていく」(森保監督)こと。その第一歩は3位決定戦でメキシコを破り、銅メダルを獲得することだろう。

「オリンピアンであるかメダリストであるかは大きく違う」

 必勝を誓った森保監督の下、日本は1968年のメキシコ五輪以来の銅メダル獲得なるか。3位決定戦は8月6日の20時キックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 銅メダルをかけてメキシコとの3位決定戦へ
 
【関連記事】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ