吉田麻也が野球ドミニカ代表から得た“教訓”とは ?「昼寝の時間を削った甲斐があった」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月29日

「ドミニカが点が取れるところで走らなかったり」

吉田がフランス戦前に観た、野球から得た“教訓”を明かした。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7月28日、東京オリンピックのグループステージ最終節でU-24フランス代表に4-0の完勝を収め、グループ首位で決勝トーナメント進出を決めたU-24日本代表。キャプテンの吉田麻也はフランス戦後、試合前に観戦した他競技から受けた影響について言及した。

 その競技とは野球で、日本の予選リーグ初戦、ドミニカ相手に4-3の逆転サヨナラ勝ちを収めたゲームについて語った。

 テレビで観戦していたという吉田は、「ドミニカが点が取れるところで走らなかったり、自分たちのミスからピンチを招いたり、やるべきことをやってなくてドミニカが崩れているのを観て良い教訓になった」と発言。先行しながらも逆転で敗戦したドミニカの姿から、何か感じるものがあったのだという。
 
 どんな状況でも油断しない。吉田が他競技から得た教訓がチームにプラスに働いたのか、日本は強豪相手に4発の完封勝利。90分間集中力を切らすことなく、無失点で試合を終えた。

 吉田は重要な試合の前に野球を観戦していたことについて、「昼寝の時間を削った甲斐があった」とコメント。充実した時間であったことを強調した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本4-0U-24フランス|久保の3試合連続得点などもあってフランスを相手に4発快勝!3連勝でGS突破を決める!

【五輪代表PHOTO】脅威の3戦連発弾!チームに勢いもたらす先制点を決めた久保建英!
【関連記事】
「若きジャポンに圧倒された…」フランス戦快勝のU-24日本代表に仏メディアも感服!「ハタテが厄介だ」【東京五輪】
【U-24日本4-0U-24フランス|採点&寸評】強豪を4発粉砕! MOMは3試合連続弾の7番に!
「準々決勝で日本と対戦したい?」韓国人記者に直球質問してみた。「恐れているわけではない。だけど…」【東京五輪】
「日本に粉砕された」4失点大敗に、仏メディアはぼう然!「痛恨の敗北でオリンピックに別れを…」【東京五輪】
「こんなこと言うのおこがましいですけど…」3戦連発で絶好調の久保建英がサポーターへ粋なメッセージ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ