C・ロナウドの偉業達成スパイクが1100万円で落札! スパイクとして日本史上最高額を記録

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月26日

今年2月のインテル戦で、史上最多得点の通算763ゴール目を記録したスパイク

クリスチアーノ・ロナウドが偉業を達成した時に実使用されたスパイク。

画像を見る

 サッカーメモラビリア専門ブランド「ザ・ダグアウト」が7月25日、イタリア・セリエAのユベントスに所属するクリスチアーノ・ロナウドが試合で着用したサッカースパイクが、1100万円で落札されたことを発表した。スパイクとしては、日本史上最高額の落札価格となった。

 これは7月24日から同25日まで行なわれたスポーツ専門オークションサイト「CuriosX」のオンラインオークションに出品されたスパイクで、匿名の日本人コレクターにより落札されたという。

 落札されたスパイクは、今年2月のインテル戦でC・ロナウドがキャリア通算763ゴールをマークした際に実際に使用されたもの。スペイン有力紙『マルカ』では、史上最多得点記録を更新した試合としても大々的に報じられた(※公式には3月4日のカリアリ戦で達成)。

 スパイクはナイキ社のマーキュリアルスーパーフライ8の限定モデルで、C・ロナウド自身や子供の名前をはじめ、きわめて珍しいゴールセレブレーションのシルエットが圧着された特注品となっている。

 競売の担当者は、「大偉業を成し遂げた重要な時期に着用された象徴的なモデル。ロナウド選手のスパイクではとても珍しい、“仁王立ちマーク”が入っているのも高評価を獲得した要因だ」とコメント。

 2013年に約1070万円で当時世界最高額を記録したマイケル・ジョーダン氏の1997年NBAファイナルのシューズをも上回っており、高騰し続けるサッカーメモラビリアへの関心の高さを改めて証明した形になったという(※為替2013年12月円ドルレート:102円)。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
C・ロナウド着用スパイクが日本で競売へ “国内史上最高額”の1000万円での落札も!?
メッシの644発目、記録更新スパイクが過去最高額の約1900万円で落札! 巣ごもり需要でメモラビリア市場が拡大傾向
スポーツメモラビリアに投資マネーが流入。選手のユニフォームが6億円に化ける理由
「久保さんナイス!」本田圭佑、メキシコ戦の実況配信で“舌好調”!「なんでこんなハードスケジュールで…」と苦言も
吉田麻也の「もういいですか?」に「ちゃんとやって(笑)」。内田篤人が笑いありの濃密選手インタビュー!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ