リオでは苦い経験も…五輪初戦の難しさを知る遠藤航が、試合中に意識していたポイントとは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月23日

「思った以上に落ち着いていた」

遠藤は素早いプレッシャーで、南アフリカの攻撃を対処していた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月22日、東京五輪のU-24南アフリカ代表戦に臨み、1-0で勝利した。

 前半から日本のペースだったものの南アフリカの堅守を崩せず。0-0で迎えた後半に、久保建英のシュートがネットを揺らして1-0で辛勝した。

 右ボランチで先発出場した遠藤航は、前半の38分に相手との競り合いからイエローカードをもらったが、終始落ち着いたプレーでボールを回収。狙い澄ましたロングフィードも見せ攻守で安定していた。

 今日の試合について遠藤はこう振り返った。

「前半は我慢する場面だと考えていて、後ろで失点しなければ0-0でも良いと思っていました。後半に入りもっと相手が落ちてきてから、チャンスメイクができるようになりましたし、1点取って勝利したのは大きいです」
 
 今まで苦しめられた“初戦の難しさ”に対して「自分のところでの警戒」や「長いボールを蹴った後のセカンド」を特に重視し、ポジショニングについては「攻撃での立ち位置をうまく抑えるのを意識」したという。

 前回大会の初戦はナイジェリアとの撃ち合いの末4-5で敗れ、グループリーグ敗退の要因にもなった。これを経験した遠藤だからこそ、この南アフリカ戦でのセカンドボールやポジショニングへのこだわりが見えた。

 また、南アフリカ側にコロナ陽性者が出たアクシデントに対し「試合をやる前提で準備してきたので惑わされずシンプルにチームを出せた」とコメント。本番を迎えたチーム全体の緊張感については「0ではなかったと思いますが、思った以上に落ち着いていた」と話した。

 次節は、7月25日に埼玉スタジアム2002でメキシコと対戦。初戦勝利の勢いのまま連勝を果たせるか。日本代表への期待が高まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!五輪初戦を勝利で飾る!

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介!
【関連記事】
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
「冨安がいない」「久保くん緊張してる?」東京五輪・男子サッカー初戦、南アフリカとの激闘をファンは息を呑んで見守る!
「こんなこと言っていいか分からないですけど…」久保建英が濃厚接触者多数の南アフリカ戦に言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ