名古屋がACL無傷の4連勝! 4戦連続無失点&マテウス、柿谷、山﨑弾でラーチャブリーを下す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月02日

終盤は激しいスコールに見舞われる

ラーチャブリーとの第2戦でキャプテンマークを巻いた稲垣。(C)2021 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 名古屋グランパスは日本時間7月1日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第4節でタイのラーチャブリーと対戦し、3-0で快勝した。

 3連勝でグループGの首位を独走する名古屋は、3日前に行なわれた同カード(4-0で勝利)の試合からスタメンを3人変更。米本拓司、山崎凌吾、相馬勇紀が外れ、長澤和輝、柿谷曜一朗、齋藤学が入る。

 試合は、左サイドの齋藤、吉田豊、右のマテウスと両サイドから押し込む展開で名古屋がボール保持を続ける。9分に吉田が敵陣深くからクロスを供給するが、飛び込んだ齋藤に合わず。29分のマテウスのFKから柿谷が飛び込むものの、あと一歩が届かない。

 37分、相手の左サイドから直接ゴールを狙ったミドルシュートにヒヤリとさせられるが、GKランゲラックがセーブ。続けて左のCKからシュートを打たれるものの、これも守護神が防ぐ。

 ピンチを凌いだ名古屋は再び相手陣内に押し込むと45分、華麗なパスワークから最後はマテウスが強烈なシュートを放つ。前半は名古屋が70パーセントのボール保持率を記録するが、シュートは両チーム3本ずつでスコアレスで折り返した。
 
 メンバー変更なく迎えた後半立ち上がりに名古屋が先手を奪う。

 50分、左サイドのクロスのこぼれ球をペナルティエリア内右で胸トラップしたマテウスが左足を一閃。ゴール左のネットを揺らした。

 65分には交代出場のスティーブン・ランギルに強烈なシュートを浴びるが、GKランゲラックが鋭い反応で防ぐ。

 再び攻勢に出る名古屋は73分、ロングボールを受けた相馬が左サイドを抉りクロスを供給。これを中央に入り込んだ山﨑が落とし、走り込んだ柿谷がゴールに叩き込み、リードを広げる。

 終盤には激しいスコールで視界が悪くなるなか、最後まで集中を切らさなかった名古屋が、79分に山﨑のゴールも生まれ3-0でゲームを終わらせた。

 この結果、無傷の4連勝となった名古屋は勝点12として首位を堅持。グループステージで無失点も継続している。

 中2日で行なわれる次節は、ジョホール・ダルル・タクジムと対戦。日本時間7月4日の23時にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【セルジオ越後】韓国のグループが過酷?いやいや日本が入ったグループBのほうが難しいよ
「ライバルと対決」最終予選で日本と対戦するオーストラリアのメディアは、組分けに喜色満面「中東への遠征は最低限に」
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
「日韓戦はなしか」「グループA地獄かよ」日本代表のW杯アジア最終予選の組み分け決定! ファンの反応は…
「日本は海外組が多すぎる。だが…」中国の元DFが“日中戦で”の番狂わせに自信「スイスがフランスを破ると誰が考えた?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ