L・ペレイラ弾で先制したG大阪、アディショナルタイムに被弾しチェンライ・Uに痛恨ドロー

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月02日

後半開始早々に待望の先制点を奪ったのだが…

先手を取ったG大阪だったが、終了間際に同点とされ、勝ち切れなかった。(C)2021 Asian Football Confederation

画像を見る

 ガンバ大阪は7月1日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ第3節でタイのチェンライ・ユナイテッドと対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 立ち上がりからペースを掴んだG大阪の中で、際立つプレーを見せていたのが小野裕二。鋭い動き出しで相手ゴールに迫り、ボールを持てば果敢な突破で攻撃に勢いをもたらす。

 23分には、その小野のクロスから倉田秋が決定機を迎えるも、身体を投げ出してヘッドで合わせたシュートは枠を外れる。

 存在感を見せていた小野だが、30分過ぎに左太腿の裏を痛め、無念の途中交代。松波正信監督は一美和成を投入する。急遽出場した背番号20は38分、レアンドロ・ペレイラからのパスを受けて左足でシュート。しかし、これは相手GKのセーブに阻まれる。

 41分には左サイドから走り込んだ黒川圭介が惜しいシーンを作るなど、多くのチャンスを生み出したG大阪だったが、もうひと押しが足りず。前半をスコアレスで折り返す。

 迎えた後半、G大阪がさっそくスコアボードを動かす。佐藤瑶大のクロスに反応したL・ペレイラが左足で押し込み、待望の先制点を奪う。

 リードを得たあとも押し気味にゲームを進めながら、追加点を狙っていく。守備に回れば、コンパクトな陣形を保ち、ボールの奪いどころを明確にして、鋭い出足でピンチの芽を摘み取っていく。
 
 攻守の両局面で相手を上回ったG大阪は、1点リードのままアディショナルタイムに突入。このまま試合終了かと思われたが、最後の最後でチェンライ・Uのビルに得点を許し、痛恨のドロー決着となった。

 3試合を終えて1勝2分、勝点5でグループ2位のG大阪は、7月4日にチェンライ・U(GS第4節)と再び、対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
【関連記事】
「日韓戦はなしか」「グループA地獄かよ」日本代表のW杯アジア最終予選の組み分け決定! ファンの反応は…
【セルジオ越後】韓国のグループが過酷?いやいや日本が入ったグループBのほうが難しいよ
W杯アジア最終予選の日程発表。初戦はホームのオマーン戦! 今年10月にサウジ&豪州との2連戦!
「ライバルと対決」最終予選で日本と対戦するオーストラリアのメディアは、組分けに喜色満面「中東への遠征は最低限に」
「日本は海外組が多すぎる。だが…」中国の元DFが“日中戦で”の番狂わせに自信「スイスがフランスを破ると誰が考えた?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ