日本はオーストラリアと同組! 9月開幕のカタールW杯アジア最終予選の組み合わせが決定!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月01日

アジア2次予選各組トップと2位の上位5か国が出場

9月からのW杯アジア最終予選に臨む日本代表。7大会連続の本大会出場を掴めるか。写真提供:JFA

画像を見る

 来年カタールで開催されるワールドカップへの出場を懸けて、9月に開幕するアジア最終予選の組み合わせ抽選会が7月1日、マレーシアの首都クアラルンプールにあるAFC(アジアサッカー連盟)本部で行なわれた。

 その結果、グループBに入った日本の対戦国は、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムの5か国に決まった。日本は、前回ワールドカップ予選でもオーストラリアと同組となっており、この時はアウェーで1-1の引き分け。ホームでは2-0で勝利し、見事にロシア大会行きの切符を掴んでいる。

 アジア最終予選は、6月に全日程を終えた同2次予選の各グループ1位の7チームと、2位の上位5か国の計12チームによって争われ、2つのグループに分かれてホーム&アウェー方式のリーグ戦で行なわれる。各グループの上位2か国が出場権を獲得し、各組の3位同士で行なわれるプレーオフの勝者が大陸間プレーオフに臨むこととなる。

 アジア最終予選の組分けは以下の通り。
 
グループA
イラン
韓国
UAE
イラク
シリア
レバノン

グループB
日本
オーストラリア
サウジアラビア
中国
オマーン
ベトナム

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!五輪経由で最終予選に臨むのは…
【関連記事】
「日韓戦はなしか」「グループA地獄かよ」日本代表のW杯アジア最終予選の組み分け決定! ファンの反応は…
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
アジア最終予選、ベスト&ワーストの組分けを徹底考察!“日韓戦”は常に真剣度が高いが…
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】左サイドとGKに一考の余地。18歳・鈴木彩艶の重さ、パワーは魅力
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ