名古屋がACL初戦白星スタート! 阿部浩之の一発を守り抜き1-0でマレーシアの絶対王者を下す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月23日

苦しい展開を耐え抜き貴重な勝点3

ACLの初戦で決勝ゴールを挙げ、名古屋を勝利に導いた阿部。写真:徳原隆元

画像を見る

 名古屋グランパスは6月22日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)と対戦し、1-0の勝利。初戦で白星スタートを飾った。

 9年ぶりのACLとなった名古屋は、2分に右サイドを突破したマテウスが右足を振り抜く。ファーストシュートはGKにキャッチされたものの、立ち上がりから相手ゴールに迫る勢いを見せた。

 徐々にボールを落ち着かせ、最終ラインからゆっくりとしたビルドアップを図る名古屋だったが、思うようにくさびのパスが味方に収まらない。前線へのロングパスも流れてしまい、なかなか良い攻撃から敵陣深くに攻め込むことができない。

 36分には、吉田豊の縦パスを受けた相馬勇紀が仕掛け、左サイドからクロスを送るが、これもゴール前に飛び込んだ阿部浩之には合わず。
 
 後半に入って攻勢を強めた名古屋は、55分に決定機を得る。相馬が鋭い突破で持ち運び、ペナルティエリア左からマイナスのクロスを供給。走り込んだマテウスが右足で合わせるも、シュートはわずかに右に外れる。

 待望の先制点が生まれたのは60分。ペナルティエリア右に進入したマテウスからボールを受けた成瀬竣平がシュートを放つ。このこぼれ球をゴール前で拾った山﨑凌吾が落とすと、最後は阿部がゴールネットに突き刺す。

 その後も、途中出場の柿谷曜一朗がゴール前でのキープから好機を創出するなど、ペースを掴んだ名古屋は、そのまま1点のリードを守り抜き貴重な勝点3を獲得。マレーシアリーグで7連覇中の強豪を下し、好スタートを切った。

 名古屋は次戦、中2日の25日に同じく初戦を勝利している韓国の浦項スティーラーズと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
名古屋、ACLグループステージ初戦のスタメンを発表! マレーシア王者を相手に五輪代表の相馬が先発!
【名古屋】タイでの吉報、直前に見た夢…五輪メンバー入りを果たした相馬勇紀の“8年分の想い”
【東京五輪代表のスタメン予想】OAに久保、堂安ら8人はほぼ不動。最も予測が難しいのは…
【J1前半戦ベスト11 Vol.3】“堅守”を誇った名古屋、鳥栖から各2名。最終予選で再抜擢の期待が懸かるのは…
【U-24日本代表 全選手プロフィール】東京五輪に挑む18人の経歴、世界経験、プレースタイルは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ