「諦めない」エリクセンが代理人を通じて声明を発表。「すべての人に感謝を伝えたい」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月15日

容体は安定も、現在も検査のため入院中

試合中に突然昏倒し、一時は心停止に至っていたエリクセン。迅速な医療スタッフと同僚の対応が功を奏し、命を取りとめた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月14日、EURO2020の初戦、フィンランド戦の試合中に昏倒し、病院へ緊急搬送されたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、代理人を通じて声明を発表した。

 これは代理人のマーティン・シュッツ氏がイタリア紙『La Gazzetta dello Sport』に対して明らかにした。「皆さんの声をたくさん受け取りました。ありがとうございます。私は諦めません。今は何が起きているのか、理解しようと努めています。そして、私のためにしてくれた全てのこと、全ての人からの心遣いに感謝を伝えたいです」と発信している。

 加えてシュッツ氏は「昨日と今日、彼と連絡を取り合った」と明かした。
 
「彼は多くの人が心配してくれることを知り、心から感謝していた。世界中からメッセージが届いているからね。容体は安定しており、良好だ。ジョークを言う元気もあったし、機嫌も良かった。とても元気だよ。我々は、彼にいったい何が起きたのか知りたいし、彼自身もそう思っている。今は医師のもと、たくさんの検査を行なっており、結果が出るまでには時間がかかるだろう」

 また、本大会に選手としての復帰は難しいものの、「体調が回復すれば、ファンとしてチームの応援に駆け付けたいという意志も持っている」という。だが、少なくとも火曜日までは病院に滞在する見込みのため、見通しはついていないようだ。

 デンマークは17日にグループB第2節でベルギーと対戦する。エリクセンの力強いメッセージに、チームメイトも励まされたに違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「私は祈り、泣いた」モウリーニョが教え子エリクセンの悲劇に涙。「間違った理由で人を団結させた」
「ばかげた判断だ」デンマークのレジェンドがUEFAの“試合再開決定”を痛烈批判!「全くフェアではない」
「彼は一度死んでいた」デンマーク代表チームのドクターが“緊急搬送”エリクセンの状況を説明。復帰の可能性は…
「10番は絶対に屈しない」トッティ、デル・ピエロ、C・ロナウドらが続々とエリクセンを激励!「我が友よ、強くあれ」
ユンカーが3度目の正直で同胞エリクセンへエール弾!「99%パスを出したほうが良い」ファーストチャンスは小泉に譲る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ