最高の抜け出しから極上のループ。上田の一連の動きはなかなかの神業だった【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年06月12日

その一撃で五輪メンバー入りを確定させたと言っても過言ではない

最高の抜け出しから最高のゴールを決めた上田。一連の動きは実にFWらしかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24ガーナ代表戦に続き、ジャマイカ戦(結果は日本の4-0)でも際立ったのはディフェンスの安定感。オーバーエイジ3人(吉田、酒井、遠藤)の参戦で守備ブロックが文字通り“どっしり”と構えられるようになったからこそ、オフェンス陣も攻撃に専念できたのではないか。

 象徴的だったのが右サイド。久保が良い位置から何度も仕掛けることができたのはサイドバックである酒井の絶妙なサポートと気の利いた守備があったからだろう。久保の意識が必要以上にディフェンスへ傾かなかった点も踏まえて、酒井のパフォーマンスは高く評価されて然るべきだ。

 右サイドでの連係をはじめ、ジャマイカ戦では素晴らしいコンビネーションがいくつかあった。例えば遠藤のミドルでのゴールは、その直前にオーバーラップを仕掛けた旗手の動きがエクセレントだった。その攻め上がりに相手数人が意識を持っていかれた結果、遠藤はフリーで、しかも落ち着いてシュートを打てた。遠藤の技術はもちろん、旗手の動き出しが秀逸だった。
 
 動き出しと言えば、上田のそれも素晴らしかった。57分、三笘が相手をひとりかふたりは剥がすのを予測したうえで前線に飛び出す。そのタイミングもさることながら、三笘のパスを“トラップせず”決定機に結び付けたセンスが抜群だった。そして、GKを無力化したあのループ。最高の抜け出しから極上のゴールを決めた上田は、この一撃で五輪メンバー入りを確定させたと言っても過言ではない。

 それにしても、上田のパスの受け方には痺れた。あそこでちょっとでもボールに触れていればコースが変わって、攻撃のスピードも落ちていた。そうしたことも考えたうえで、ゴールへの道筋が見えていたからこそ、上田はあれだけスムーズな動きでゴールを奪えたのだろう。

 どこにボールを置けば次の展開がスムーズになるか、あえて触らず流したほうがいいか。攻撃の最中、そうした判断を瞬時に下し、実行に移すのは決して簡単ではない。その点で、シュート前のトラップも含め上田のゴールまでの一連の動きは大袈裟かもしれないが、なかなかの神業だった。少なくとも、あれをやられてはDFもGKもお手上げである。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【PHOTO】豊田スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
【U-24日本4-0ジャマイカ|採点&寸評】際立っていたオーバーエイジ2人を最高評価!MOMに選んだのは…
「3人の股抜き?4人?」「A代表より強いよ」東京五輪代表がジャマイカ代表を相手に堂々プレー! 見守るファンも喜びに沸く
天才プレーヤーは短命か? Jの歴史などから読み解くジーニアスが生きる道
W杯最終予選は本当に大丈夫? セルビア戦でも際立った大迫不在のダメージ【編集長コラム】
「上田のループ最高」「堂安決めたー!」ジャマイカ代表に4発完勝! 東京五輪代表の爆発にファン興奮

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ