「勇気を持って前に」鹿島CB犬飼智也はルヴァンPO第2戦に向け「自分たちから掴み取りに行く」と気合い十分

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年06月05日

「そこで潰し切ることができれば、自分たちのペースを作れる」

敵地に乗り込んだ清水とのルヴァン杯プレーオフ第1戦は1-0の勝利。犬飼は「第2戦、ホームでしっかり勝って次に行きたい」と気合いを入れる。(C)KASHIMA ANTLERS

画像を見る

 鹿島アントラーズは6月6日、ルヴァンカップのプレーオフ第2戦で清水エスパルスと対戦する。第1戦は敵地で1-0の勝利。林尚輝が挙げたプロ初ゴールを守り切った。

 ホームで迎えるこの清水戦は、これまで長く続いていた連戦のラストマッチとなる。4月中旬に相馬直樹新体制となった鹿島は、タイトなスケジュールのなかで公式戦14試合をこなし、戦績は8勝4分2敗と安定感ある戦いを見せていた。

 ルヴァンカップのプライムステージ進出がかかった6日の清水戦でも、現体制下で積み上げてきたものを表現し、勝利でこの連戦を締め括りたい。4日のオンライン取材に応じたディフェンスリーダーの犬飼智也は次のように語る。

「これまでやってきたことは、自分たちから相手に圧力をかけるというか、自分たちがアクションを起こして、勇気を持って前に出たりとか、そういうとこだと思います。

 ルヴァンで先に勝点を取っていますけど、それを守りに行くのではなくて、自分たちから掴み取りに行く。それは普段から言われていることなので。そういう姿勢をプレーで見せたいなと思っています」

 清水にはチアゴ・サンタナやカルリーニョス・ジュニオなど力のある助っ人FWがいる。「ふたりが出ているマリノス戦(5/30)も観ました」と犬飼もチェック済みで、「そのふたりでボールを収めて攻撃を始めていたので、そこでしっかり潰し切ることができれば、自分たちのペースを作れると思う。厳しく、タイトにいきたい」と意気込む。
 
 守備者としてひとつのゴールも許すつもりはない。クリーンシートで勝機を見出す。

「先制点を取られると、どうしても慌ててしまう。90分あれば、点は取れると思うので、しっかりと後ろは堅くいければと思います」

 相馬アントラーズらしい勝ちっぷりで、タイトル奪取に前進したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストweb編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
【ルヴァン杯】 プレーオフ第1戦、鹿島が敵地で先勝!林尚輝のプロ初弾で清水を1-0撃破
U-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバー発表。鹿島の松村、広島の鮎川らが選出
「国立、雪の決勝…」“カナリア色”に身を包んだ鹿島レジェンドに反響!「イケメンすぎでしょ」
「センセーショナルだ!」“カナリア色”の鹿島ブラジル5人衆のダンスに絶賛の声! 川崎の大エースも反応
価格は30万円! 10席限定! 鹿島が超豪華特典満載の「30周年記念レジェンズシート~10 ZICO~」発売!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ