【ナビスコカップ5節】武藤のロスタイム弾でFC東京が劇的勝利。湘南は山田の4シーズンぶりの得点で松本を下す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年05月20日

Bグループは名古屋が予選リーグ突破を決める。

FC東京は、武藤がロスタイムに決勝点。勝点を10とし、首位をキープしている。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

湘南の山田は、自身4シーズンぶりのゴール。これが決勝点となり、湘南は2位につける。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 Aグループでは、FC東京が甲府を下して勝点を10とし、首位を堅持している。FC東京は41分に武藤の公式戦3試合ぶりとなるゴールで先制したものの85分に失点。ドローが濃厚かと思われたが、90+4分に混戦から武藤が粘り強く押し込み、これが決勝点となった。
 
 湘南は1-1で迎えた77分、山田の4シーズンぶりとなるゴールが決勝点となり2-1で松本を撃破。湘南はFC東京を勝点差2で追走する。また、鳥栖対広島は、吉田のゴールで鳥栖が1-0で勝利。鳥栖が3位に浮上している。
 
 Bグループは、清水を2-1で下した首位の名古屋が勝点を13とし、2位以下に大差をつけて予選突破を決めた。名古屋は1-1の86分にノヴァコヴィッチが決勝点を挙げている。さらに、横浜を3-2で振り切った神戸が勝点差5で2位に付け、1-1で引き分けた山形と川崎が勝点5として3位以下は混戦となっている。

■ナビスコカップ 予選リーグ5節
Aグループ
FC東京 2-1 甲府
湘南 2-1 松本
鳥栖 1-0 広島

Bグループ
川崎 1-1 山形
清水 1-2 名古屋
横浜 2-3 神戸

■順位表
Aグループ
順位 チーム 勝点 得失差
1 FC東京 10 4 3 1 0 7 3 4
2 湘南 8 4 2 2 0 5 3 2
3 鳥栖 7 5 2 1 2 3 4 -1
4 広島 5 4 1 2 1 6 5 1
5 新潟 5 4 1 2 1 4 4 0
6 松本 4 5 1 1 3 8 10 -2
7 甲府 1 4 0 1 3 4 8 -4

Bグループ
順位 チーム 勝点 得失差
1 名古屋 13 5 4 1 0 12 7 5
2 神戸 8 4 2 2 0 6 3 3
3 山形 5 4 1 2 1 8 8 0
4 川崎 5 4 1 2 1 4 4 0
5 仙台 4 4 1 1 2 4 5 -1
6 横浜 3 4 1 0 3 4 5 -1
7 清水 3 5 1 0 4 4 10 -6

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ