「オニさんの100勝目は絶対自分のゴールで決めたかった」投入からわずか1分後、小林悠が値千金の決勝点!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月30日

「自分のゴールで助けられればなと思って」

鹿島戦で勝点3を呼び込むゴールを決めた小林。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 まさに千両役者だ。

 鹿島アントラーズをホームに迎えた一戦、川崎フロンターレは2-1で勝利した。勝負を決めたのは途中出場の小林悠。1-1で迎えた90+4分、左からのクロスを知念慶と相手DFが競り合い、そのこぼれ球を収めると、左足で正確なシュートを叩き込んだ。

 試合後のフラッシュインタビューで、自身のゴールシーンについて小林は次のように振り返る。

「クロスが上がってくる時に、知念が競っている後ろを狙っていて、良いボールがこぼれてきたので、きっちり決められてよかったと思います」

 ピッチに投入されたのは90+3分。そのわずか1分後に大仕事をやってのけた。

「ゴールしか考えていなかったし、チームみんなで本当に、すごく戦っていたので、なんとか自分のゴールで助けられればなと思ってプレーしました」
 
 この日の勝利で鬼木達監督が最速でJ1通算100勝目を達成した。殊勲の背番号11は「オニさんの100勝目は絶対、自分のゴールで決めたかったし、本当にお世話になっている、感謝している監督なので、これからもっともっと勝ちを積み重ねていければいいなと思います」と語った。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】これぞ千両役者! 小林悠が値千金の決勝点!
 
【関連記事】
小林が劇的な決勝弾!!川崎が鹿島に競り勝ち20戦無敗の新記録&鬼木監督が最速100勝
挫折の連続を経て…J1王者から掴んだ入団内定。流通経済大DFはなぜ川崎からのオファーを信じて待てたのか?
「『止めて蹴る』が凄いとされてるけど…」横浜FC・高橋秀人が王者川崎の“強さ”を分析「悔しいのは言うまでもない」
「化けもんかよ」レアンドロ・ダミアンの驚愕オーバーヘッド弾に反響拡大!「全盛期のリヴァウド」
「大丈夫。俺が点取るから」川崎を救う追加点! 小林悠が同僚の“裏話暴露”にツッコミ「内緒にしておけって」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ