横浜ポステコグルー監督を、セルティックが引き抜きか? 英紙が「最有力候補」と報じる

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月29日

「攻撃的なサッカーはフィットするはず」

ポステコグルー監督は横浜と2022年6月末までの契約を結んでいる。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間5月29日、横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が、スコットランドの強豪セルティックの指揮官候補に挙がっていると、英紙『The Guardian』など複数のメディアが報じた。

『The Guardian』は、「英大手ベットメーカー『Skybet』と『Betfair』がクラブにとって最有力監督として名を挙げている」と伝えている。

「セルティックの新監督候補として、英国内のブックメーカーはポステコグルーの名前を挙げている。以前、クラブは二―ル・レノン監督の後任としてエディー・ハウ氏とコンタクトを取っていたことを明らかにしたが、27日の時点でハウ氏との話し合いは破綻し、クラブには加わらないことを認めている」
 
 このオーストラリア人指揮官は、2018年シーズンから横浜の監督に就任。翌19年には15年ぶりのリーグ制覇をクラブにもたらした。

 英紙『The Sun』のスコットランド版によれば、前ドルトムント監督のリュシアン・ファーブル、OBのロイ・キーンも候補にリストアップされているという。それでもポステコグルー監督が最有力であるようだ。

「彼が所属する日本のクラブはシティグループが所有しており、近年、密接な関係を築いている。55歳の指揮官は2014年にサッカルーズ(オーストラリア代表)を率いてワールドカップに出場し、オーストラリアと日本でアジア・カップと国内タイトルを獲得している。コーチとしての評価は高く攻撃的なサッカーは、セルティックにフィットするはずだ」

 果たしてオーストラリアの名将は横浜を退団し、スコットランドの名門へ渡るのか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「自信を失った」中村俊輔がJリーグと海外サッカーの“大きな違い”を英紙に語る「奇妙な気分だった」
なぜ日本人はスペインで活躍できないのか。内田篤人の見解は?「勘違いすると痛い目に遭う」
【セルジオ越後】2次予選は日本にとって不運な組み合わせ。二ケタ得点の試合を何回も見せられても…
「無邪気に喜ぶボスがかわいくて」横浜ポステコグルー監督の歓喜の姿に反響!「twitterのGIFにほしい」
なぜ久保建英をミャンマー戦で先発起用しなかったのか【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ