「殴る、蹴る、踏みつける!」韓国フットサルで前代未聞の暴行事件が発生! 加害3選手は永久除名の懲戒処分

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月21日

一度世論を敵に回してしまうと──

写真はイメージ (C)Getty Images

画像を見る

 立て続けに引き起こされた愚行に、会場は騒然となった。

 舞台となったのは韓国のフットサルリーグであるFKリーグだ。5月15日、まさにシーズン大詰めのプレーオフで高陽BULLSと堤川FSが激突。緊迫した接戦のままゲームは終盤に突入し、高陽が3-3から2連続ゴールを決めて突き放しに成功した。
【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 すると残り3分、エキサイトした堤川の選手Aが相手選手の大腿部に飛び蹴りを食らわし、コート外まで吹っ飛ばしてしまう。即刻Aは退場処分となり、両軍入り乱れての大乱闘騒ぎとなった。その際に堤川の選手Bが高陽の選手にグーパンチを見舞い、さらに加えて、選手Cが最初の被害者でコート外に座り込んでいた高陽選手の手を踏みつける場面まで、映像に捉えられていたのだ。

 目を疑うような光景が繰り返され、会場は一瞬にしてカオスと化す。試合は高陽が7-4で勝利したものの、かなり後味の悪いゲームとなってしまった。
 
 韓国国内では堤川の3選手に対し、SNSやコミュニティサイトで批判的な意見が殺到。大炎上を受けて3選手はクラブの公式SNS上で謝罪文を公開するに至った。それでも、世論は許さない。結局クラブは高陽と韓国フットサル連盟に正式な謝意を示し、加害者である3選手に「永久除名の懲戒処分」を課すと決めたのである。

 かなり厳しい裁定が下された格好だが、韓国では一度世論を敵に回してしまえば、なかなか信頼を回復するのが難しい。2月、韓国女子バレーボール界に端を発した“いじめ告発騒動”では加害選手や所属クラブに対してバッシングの嵐が吹き荒れ、ファンか過度な厳罰を求める声が相次いだ。

 今回の堤川は傷口が広がる前に、断固たる態度を示したと考えられる。それにしても、トップレベルのゲームでは滅多にお目にかかれない衝撃のハプニングだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連ムービー】殴る、蹴る。踏みつける! 韓国フットサルで起きた衝撃の暴行事件、その一部始終をチェック!
【関連記事】
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「お前の家族もくたばれ!」韓国ファンの心ない中傷にラメラが怒りの反論! もはや対立はドロ沼化の様相で…
「ただちに帰国せよ!」“兵役逃れ”の元韓国代表FWに当局が厳しい勧告! 仏2部でプレー中もパスポートが無効に…
「日本への先入観を捨てるべきだ!」日韓戦の惨敗から1週間、韓国ではいまだ議論百出!「頭から血を流しても…」
「腹が立ったよ、日本に押し込まれて…」韓国代表の左SBが惨敗に終わった日韓戦を回顧!「いまはホン・ミョンボの気持ちがよく分かる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ