「先発よりも良くなかった」新王者インテル戦で途中出場の吉田麻也、伊メディアは辛口評価

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年05月09日

2試合連続で先発落ち

インテル戦で後半頭から途中出場した吉田。 (C)Getty Images

画像を見る

 大量5ゴールを許しての黒星なら、DFにとって厳しい評価になるのは避けられない。

 サンプドリアの吉田麻也は5月8日、セリエA第35節インテル戦で後半開始から途中出場した。チームは1-5で大敗している。

 クラウディオ・ラニエリ監督の発案で、11年ぶりの優勝を決めた新王者をガード・オブ・オナーで称えたサンプドリアだが、前半だけで3失点。ロレンツォ・トネッリとの交代で吉田を投入するなど、ハーフタイムに4枚替えを断行したが、後半にも2ゴールを献上して敗れた。

 それでも、イタリア衛星放送『Sky Sport』と現地メディア『Sport Mediaset』、『TUTTOmercatoWEB』は、吉田に及第点の6点をつけた。ただ、TUTTOmercatoWEBは「インテルのプッシュが落ちたこともあり、より苦しまなかった」と、消化試合の2点差で迎えた後半に、王者がペースダウンしたとの見方も示した。
 
 一方、『Gazzetta dello Sport』、『Corriere dello Sport』両紙は、及第点を下回る5.5点をつけている。前者が「彼も守備陣を安定させることができなかった」、後者も「本質は変わらず。サンプドリアのエリアはインテルに征服された」と、それぞれチーム全体が苦しんだことを伝えている。

 サンプドリア専門サイト『sampnews 24』も、やはり5.5点で「すでに難しくなった試合で途中出場。後半の前半は困難にある守備陣に秩序をもたらしたようだった。アンドレア・ピナモンティの得点がサンプドリアの希望を完全に消し、そこから苦しみは増した」と報じた。

 加えて『calciomercato.com』は5点とさらに辛口評価。「途中出場で先発より良くなかった」と、トネッリを下回るパフォーマンスだったと評している。

 サンプドリアは残り3試合でスペツィア、ウディネーゼ、パルマと対戦する。2試合連続で先発から外れた吉田は、イタリアでの2シーズン目をどのように終えるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ