3位鳥栖、スコアレスドローで連勝は3でストップも4戦負けなし!広島は リーグ6戦未勝利に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月08日

互いに前半にポスト直撃のシーンも

前節、今季初ゴールを挙げた仙頭。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは5月8日、各地で13節の3試合を開催。駅前不動産スタジアムでは、サガン鳥栖対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれ、0対0の引き分けに終わった。

 試合はここ5試合勝ち星のないアウェーの広島が、積極的な立ち上がりを見せる。開始13分には東京五輪世代の森島司が直接FKでゴールを狙うが、ポストを直撃。その後もセカンドボールへの反応も良く、押し気味にゲームを進めた。

 しかし鳥栖も徐々に押し返し、チャンスを窺う。終了間際の45分には、混戦をうまく抜け出したU-24日本代表候補の林大地が左足でシュートを放つが、これもポストに阻まれた。両チームともに、五輪世代が存在感を示す展開となる。
 
 迎えた後半も一進一退の展開となるが、互いに決め手を欠き、ゴールが遠い。75分過ぎには自陣でセカンドボールを拾った浅野雄也が単独で持ち上がり、エリア付近から強烈なシュートを放つが、GK朴一圭の好セーブに阻まれ得点にはならず。

 結局、試合はともに得点を挙げられず、0-0の引き分けに終わった。

 鳥栖は勝点を27とし、暫定で3位の座をキープ。一方の広島は勝点18となり、8位のままとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「可愛すぎてスタメン頭に入ってこない」鳥栖の先発11人、子どもたちが描いた似顔絵に喝采の声!
識者が判定! 久保建英と三笘薫、いま凄いのはどっち?<1>ともに課題は守備力も、現時点では圧倒的に…
「バカかっこよかったな~」鳥栖エドゥアルドの渾身タックル&ガッツポーズに脚光!
元浦和の赤星貴文が現役復帰!営業職兼プレーヤーとして地元静岡県富士市の社会人チームと契約

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ