仙台、関口訓充が選手とサポーターのトラブルに言及。「俺らが戦わなければいけないのは対戦相手」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月01日

「ここからもう一度立ちあがろう!!」

選手とサポーターのトラブルに対し関口が言及。サポーターへ共闘を呼び掛けた。写真:徳原隆元

画像を見る

 ベガルタ仙台のMF関口訓充が5月1日に自身のツイッターを更新。選手とサポーターのトラブルに言及した。

 問題は4月28日にホームで行なわれたルヴァンカップの横浜F・マリノス戦後に発生した。当事者であるFW赤﨑秀平は自身のツイッターで、「サポーターに対して赤﨑が中指を立てたと誤解があり、そこから、コロナ禍でありながら多数のサポーターが大声で誹謗中傷を叫ぶなどの行為がありました」と報告したのだ。

 さらに続けて、「中指を立てた事実はなく、チームを通しての話し合いでは事態がおさまらず、試合後に集まっていたサポーターに私が直接謝罪する形となりました。チームや代理人と相談し、現在然るべき対応を取っています」と当時の状況を説明している。

 これに対し、仙台もコメントを発表。「今後、当クラブとして、誤解されるようなことのないよう努めます。サポーターに対しましては、罵声、誹謗中傷などの許されない行為について、当クラブとして厳正に対処し、健全な試合運営に努めていきます」と適切な対応をしていくことを強調した。
 
 選手とサポーター間の誤解から生まれたトラブル。この一連の問題にいち早く声を上げたのは、今季でチーム在籍13年目となる関口だった。自身のツイッターで以下のように綴った。

「俺らが戦わなければいけないのは対戦相手であって仲間同士で無駄なエネルギーを消費してる場合でもない。やった。やらない。そんな事は俺にはわからんけど、大事なのは同じ方向を向いて戦う事! 試合は待ってくれない。ここからもう一度立ちあがろう!! 勝つ為にお互い全力を尽くそう」

 熱い想いのこもったこの投稿に、ファンからも「全くもってその通りです!」「そういう事や!余計な事に力を使わない!とにかく勝つ!」「ありがとう。全力で応援します」といった共感のコメントが寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「ただちに帰国せよ!」“兵役逃れ”の元韓国代表FWに当局が厳しい勧告! 仏2部でプレー中もパスポートが無効に…
「本当によくやった」「味方に2人分の仕事をさせた」守備に“全振り”の南野拓実、現地メディアの評価は真っ二つ!
「ノッボーリ!」川崎助っ人FW、スローイン時の“雄叫びアピール”に脚光!「これは名シーンや」「ダミアン声高い」
「まじっすか!」内田篤人がシャルケ時代の同僚の“大変貌”に驚愕!「イメージだいぶ変わったけど…」
神戸イニエスタがベンチ入り! 広島戦で142日ぶりの実戦復帰なるか。SNSでは「4ヶ月ぶりに…戻ってきました!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ