• トップ
  • ニュース一覧
  • 「2年で去るつもりは…」史上最高額でバイエルンに“移籍”する33歳ナーゲルスマン、その決め手を明かす

「2年で去るつもりは…」史上最高額でバイエルンに“移籍”する33歳ナーゲルスマン、その決め手を明かす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月28日

「ライプツィヒは特別な場所」

監督としては史上最高額の違約金でバイエルンの監督に就任するナーゲルスマン。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月27日、ドイツ1部バイエルンは、来シーズンの監督に、現在RBライプツィヒを率いる33歳の若き指揮官、ユリアン・ナーゲルスマンが就任することを発表した。契約は2026年までの5年間となる。

 ナーゲルスマンは2016年2月にホッフェンハイムで、当時28歳とブンデスリーガ史上最年少監督となり、2019年に契約解除金500万ユーロ(約6億2500万円)を支払ったRBライプツィヒ入り。昨シーズンには、チャンピオンズ・リーグ(CL)のベスト4に到達した史上最年少監督となった。そして、わずか2年で今度が絶対王者に引き抜かれることになった。

 そして、先んじて就任を発表したバイエルンに続き、送り出すライプツィヒもプレス向けのリリースを出し、オリバー・ミンツラフ代表のコメントを掲載している。
 
「新シーズンのバイエルンの監督について、ナーゲルスマンから我々に話があった。オープンな話し合いのなかで、バイエルンというクラブの監督になることは彼にとって生涯の夢であり、今シーズン終了後に機会があればミュンヘンに移りたいと正直に話してくれた。

 我々としては彼の退任は計画になく、長期契約を結んでいた。だが、彼が新たな場所での監督となることを非常に強く望んでいることが理解できた。そして話し合いの結果、一定の条件を満たしたうえで、そのドアを開くことにした」

 当事者のナーゲルスマンは「私にとってライプツィヒはとても特別な場所」と感謝を述べている。

「2年で去るつもりはなかったので、重い気持ちでこのクラブを去るのは確かだ。だが、バイエルンでの監督業にエキサイティングな気持ちを抱き、こうした機会があれば引き受けたいと思っていた。これは私にとって特別なことだった。バイエルンで自分に何が期待されているのかは理解しているし、実行可能だと思っている。7月1日から新しい仕事に臨みたい」

 現地紙『BILD』によれば、契約解除金は最大で2500万ユーロ(約31億2500万円)をバイエルンがライプツィヒに支払うということで話はまとまったようだ。この金額は監督として史上最高額となる。

 33歳の青年監督が、かつては「FCハリウッド」と揶揄されたドイツの巨頭でどんな手腕を発揮するのか。世界中から注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「エレガントかつ勤勉」フランクフルト鎌田大地を独メディアが絶賛!「傑出している」と評価されたプレーとは?
マンUをCLから蹴落とした RBライプツィヒ。33歳の指揮官ナーゲルスマンの冴えわたる戦術と成長戦略を読み解く【現地発】
「最後まで擁護した選手は2人だけ」ついに無冠で解任のモウリーニョ、“時代遅れ”を自認しながら己のスタイルに固執し…【現地発】
「久保外し」と「食事会」がヘタフェ復調の要因? 主力を温存するための“プランB”へ降格する苦境に…
「正直、このレベルの仕事をする準備が…」チェルシーMFが前監督ランパードにチクり!「ステップをすっ飛ばした」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ