「自分が決めるっていう気持ちで」勝負を決定づけるゴール! 先制点の起点にもなった新潟・本間至恩の凄み

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月24日

チームは8勝2分の10戦無敗と盤石の強さで首位快走

愛媛戦では2得点に絡む活躍を見せた本間。良質なプレーを随所に見せ、チームの攻撃をリードした。写真:滝川敏之

画像を見る

 J2リーグ第10節、愛媛FCの敵地に乗り込んだアルビレックス新潟は2-0で勝利を収めた。12分に谷口海斗のゴールで先制すると、88分に本間至恩が勝負を決定づける追加点をゲット。これで今季8勝目、8勝2分の10戦無敗と盤石の強さで首位を快走している。

 2点目を決めた本間は試合後、自身の得点シーンについてこう振り返る。左サイドで後方からのロングボールに反応し、対峙する相手をかわして、正確にコースを突いたシュートでネットを揺らした。

「千葉(和彦)さんが割り切って、ロングボールを自分のところに出してくれて、それが良い形で、自分が相手より先に触れて抜け出すことができました。前半にシュートを打つ機会は何本もありましたが、パスをしていたので、そこは自分が決めるっていう気持ちで、角度はあまりなかったですけど、うまくゴールに入って良かったです」

 また谷口の1点目の場面でも、カットインからのサイドチェンジで起点となった。

「自分はカットインするのが特長で、(アシストした星)雄次君から『カットインしてから裏のところを見てくれ』と言われていて。雄次君がプレーしやすいボールではなかったですけど、良いクロスを上げてくれて、(谷口)海斗君がしっかり決めてくれました」
 
 2得点に絡む活躍でチームを勝利に導いた背番号10は「チームは良い雰囲気ですけど、調子に乗ることなく、次の試合に向けて、チーム全体で切磋琢磨して、練習から一生懸命にやっていきたい」と、慢心することなく、さらなる躍進を誓った。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
 
【関連記事】
新潟が2発完勝! 愛媛を下し今季8勝目で10戦無敗、盤石の強さで首位堅持!
「男前」「気持ち、いただきました」新潟指揮官の“母国”風習にファン感謝!
「キャプ翼かよ」新潟“キングケン”の神業オーバーヘッドに賛辞の嵐!「何度見ても飽きないな」
「監督に水をブッかけていいわけがないだろ!?」53歳になった新潟指揮官のユーモアに反響続々
ブレない信念、継続の力で“攻めて勝つ”。開幕4連勝で首位。今季の新潟はなぜ強いのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ