• トップ
  • ニュース一覧
  • 横浜がダービーを大量5発で制し9戦無敗! 横浜FCは攻撃の糸口見えず、今季未勝利が続く…

横浜がダービーを大量5発で制し9戦無敗! 横浜FCは攻撃の糸口見えず、今季未勝利が続く…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月24日

レオ・セアラがJ1デビュー戦でいきなりゴール!

2ゴールで横浜を勝利に導いたオナイウ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月24日に、第11節の6試合を開催。日産スタジアムでは、横浜F・マリノス対横浜FCの一戦が行なわれ、圧倒した横浜が5-0の完勝を収めた。

 立ち上がりから主導権を握ったのはホームの横浜だった。セカンドボールをことごとく拾い、遅攻と速攻を使い分けて押し込むと、14分にはボックス内での混戦から扇原貴宏、20分にはCKからチアゴ・マルチンスがヘディングでシュートを放つも、いずれも枠の外に外れる。

 それでも29分、ペナルティエリア内でオナイウ阿道が倒され、PKを獲得。これをキッカーのマルコス・ジュニオールが落ち着いて右足でゴール右に沈め、先制点を奪う。

 さらにその5分後、右CKにオナイウが頭で合わせるも、これは相手GKに弾かれる。しかし、そのこぼれ球に反応したエウベルが冷静にゴール前に横パスを送ると、ふたたびオナイウが右足で沈め、横浜が立て続けに得点を重ねる。

 2点のビハインドを背負った横浜FCは、サイド攻撃からシンプルにクロスを入れて一発を狙うも、なかなか中央の選手に合わず、反撃の糸口を見つけることができない。59分には小川慶治朗が、左サイドからカットインしてシュートを放つも、GK高丘陽平の好セーブに阻まれる。
 
 すると横浜が68分、カウンターからM・ジュニオールのスルーパスに抜け出したオナイウが、GKをかわして右足でネットを揺らしチーム3点目をゲット。また、71分にも扇原のグラウンダーのクロスに飛び込んだ前田大然が、右足で合わせてリーグ2戦連発となる得点を決める。

 これだけでは終わらず。78分にもJ1デビューとなったレオ・セアラが、途中出場直後に来日初弾をマークし、横浜が大量5発で完封勝利を収めた。

 この結果、横浜は開幕戦以降リーグ戦で9試合無敗。横浜FCは今季いまだ勝利のなし苦しい状況が続いている。

 次節はルヴァンカップを挟み5月1日に、横浜がアウェーでFC東京と、横浜FCはホームで鹿島アントラーズと12節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】オナイウの今季4ゴール目! 横浜が5発でダービーを制し、リーグ9戦無敗!

【J1第11節PHOTO】横浜5-0横浜FC|オナイウ2発にレオ・セアラがデビュー戦でゴールも!攻撃陣が爆発した横浜F・マリノスが5発大勝!

【PHOTO】横浜沸騰!白熱のダービーを盛り上げた横浜F・マリノスサポーター!

【PHOTO】デビュー戦でいきなりゴール!サポーターのハートを掴んだレオ・セアラを特集!

【PHOTO】ホームでダービーを制した横浜F・マリノスイレブンの笑顔を厳選!
【関連記事】
「日本か韓国の組がよかった…」東京五輪のポッド分けに優勝候補スペインのメディアが嘆き! 南米2強との同居決定で「悪いニュースだ」
「コイツすげえな」内田篤人が絶賛した日本人選手は?「代えはいない。特長がないと思われがちだけど…」
「ニッポンにはゾッとする」日本の海外組が“57か国に307人”という統計発表に中国衝撃!「差は広がるばかりだ」
脱退しても地獄? ESL離脱クラブには3億ユーロの罰金と西メディアが報道「正式に抜けたチームはひとつもない」
「最高のシナリオだ」東京五輪の組分けに韓国のメディアが歓喜!「日本は険しい道を歩くことになる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ