「順調に始まり、消えて行った」久保建英、バルサ戦で2点に絡むも現地メディアは不満「はるかにもっとできるはず」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月23日

古巣のバルセロナ戦でフル出場

2試合ぶりの先発でプレゼンスを発揮した久保。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月22日に開催されたラ・リーガ第31節で、久保建英が所属するヘタフェは、敵地でバルセロナと対戦。優勝争いをする相手を苦しめたものの、最終的に2-5で敗れた。

 18日のレアル・マドリー戦では出番なしに終わった久保は、育ててくれた古巣との対戦で2試合ぶりのスタメン出場。左サイドハーフでプレーすると、リオネル・メッシのゴールで先制されて迎えた12分、左サイドでボールをキープし、パスワークで崩して、最後は敵DFクレマン・ラングレのオウンゴールを誘発した攻撃の起点となる。

 さらに、1-3とされた67分には、再び左サイドでフランスコ・トリンカンに身体をぶつけてボールを奪い、ゴール前へクロス。これを受けようとしたエネス・ウナルがロナルド・アラウホに足を踏まれてPKを獲得し、1点差に追い上げた。

【動画】久保が2点に絡み、メッシは圧巻の2G1A!バルサ対ヘタフェのハイライト
 2点に絡む活躍を見せたものの、チームが大敗を喫したこともあり、現地メディアの評価は芳しくないようだ。全国紙の『AS』は次のように綴っている。

「順調に始まり、消えて行った。素晴らしいディテールとはるかにもっと多くのことができるという感覚を残したが、そのスペースを見つけることができなかった」

 また『MARCA』紙も、星1つ(3~0)で及第点以下という見立てだ。ただ、AS紙が綴ったように、今後に期待を抱かせる内容だったのは間違いない。次節、岡崎慎司を擁するウエスカとの残留争い直接対決で、再びチャンスを掴めるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】翻弄された敵DFが思わず尻もち!久保建英が披露したドリブル突破はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ