首位川崎の連勝ストップ! 森島の今季初弾でドローに持ち込んだ広島が連敗を2で止める

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月18日

ともに“2点目”が奪えず

川崎と広島の一戦は両者譲らず1-1のドロー決着。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月18日、第10節の4試合を各地で開催。等々力陸上競技場で行なわれた川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島の一戦は、1-1の引き分けに終わった。

 立ち上がりからペースを掴んだのは川崎。持ち前のテンポの良いつなぎでボールを握り、時に縦に速く仕掛けるなど、メリハリの効いたアタックでゴールを狙う。守っては、ジェジエウを中心に危なげないディフェンスを見せる。

 15分が経過した時点でのシュート数は川崎が4本、広島は0本。川崎が主導権を握りながらゲームを進めていく。23分にはエリア内から脇坂泰斗が左足を振り抜く。だがこれは枠を捉えられない。

 スコアボードが動いたのは38分。優位に立っていた川崎が先制に成功する。三笘薫の縦パスに走り込んだ山根視来がシュート。これは相手GKにストップされるも、こぼれ球を拾った山根が脇坂に預ける。そして脇坂からのパスを受けた家長昭博が落ち着いてシュートを叩き込んだ。

 川崎の1点リードで迎えた後半、両チームとも選手交代はなし。55分には登里享平のクロスを三笘が押し込んだが、オンフィールドレビューの結果、レアンドロ・ダミアンがオフサイドと判定され、川崎の追加点とはならず。

 ビハインドを背負う広島は、川崎の厚みのある攻撃に粘り強く対応しながら、反撃を試みる。そして65分、同点に追いついてみせる。後方からのロングボールに抜け出したジュニオール・サントスがドリブルで持ち運び、右足でシュート。これはポストに嫌われるも、森島司がこぼれ球を押し込んで試合を振り出しに戻す。森島にとってはこれが嬉しい今季初ゴールとなった。
 
 その後は一進一退の攻防が続いたが、ともに得点は生まれず、1-1で勝点1を分け合う結果に。川崎は連勝が5で止まるも無敗は継続。広島は連敗を2で止めた。

 川崎は29日に敵地でJ1第22節の名古屋グランパス戦、広島は21日にホームでルヴァンカップ第3節のベガルタ仙台戦、24日にホームでJ1第11節のアビスパ福岡戦を戦う。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】あなたはどのデザインが好み?2021年J1全20クラブのトレーニングウェアを一挙紹介!
【関連記事】
【J1】6戦負けなしの神戸が暫定3位を堅持!今季未勝利19・20位対決は2-2ドローで痛み分けの結果に
「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感
「日本か韓国の組がよかった…」東京五輪のポッド分けに優勝候補スペインのメディアが嘆き! 南米2強との同居決定で「悪いニュースだ」
「我々が跪くしかなかったトミヤスが…」日韓戦で“神対応”の冨安健洋、ミランからの熱視線に韓国メディアも注目!
メッシの2発など4発圧勝のバルサが3年ぶり最多31回目の国王杯制覇! 2週間で2度目の決勝敗戦のビルバオにリベンジ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ