【J1】“多摩川クラシコ”4発快勝の川崎、大分から3ゴールを奪った名古屋が無敗をキープ!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月11日

終盤にドローに持ち込んだ神戸、3-0完封の鳥栖が“2強”に続く

前半だけで2ゴールを挙げるなど、大一番んでより怖さを発揮した家長(左)と、謹慎後初先発の安部(右)。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月11日、第9節の8試合を各地で開催した。首位の川崎フロンターレ、2位名古屋グランパスがそれぞれ勝利を収めともに無敗をキープしている。

 FC東京のホームに乗り込み“多摩川クラシコ”を戦った川崎は、立ち上がりからペースを握ると、レアンドロ・ダミアンの浮き球に頭で合わせた家長昭博が8分に先制弾。続けて16分にもゴールを奪い2-0とリードを広げる。24分に三笘薫がネットを揺らすがこれはVARの介入もありノーゴールとなる。

 後半にアダイウトンに1点を返された川崎だが、三笘、L・ダミアンのゴールで突き放す。終盤に1点を失うものの敵地で4-2の快勝。勝点を28に伸ばし首位を堅持。敗れたFC東京は同15と変わらず、順位をふたつ落として8位に。

 川崎を追う2位名古屋は大分トリニータと対戦。33分に山﨑凌吾のゴールで3試合ぶりに得点を挙げた名古屋は、その後も44分にマテウスのFKから相手のオウンゴールを誘い、アディショナルタイムには柿谷曜一朗の得点も決まり3-0で完勝した。名古屋は勝点23として、無敗で首位川崎を追走している。
 
 ホームで清水エスパルスと対戦したヴィッセル神戸は、74分にエウシーニョにゴールを許し1点ビハインドの苦しい展開に。しかし88分、古橋亨梧のゴールが決まり土壇場で振り出しに戻す。結局このまま1-1の引き分けに終わったものの、勝点18とした神戸は3位をキープ。同9の清水は13位と変わらず。

 連敗中だったサガン鳥栖はホームで横浜FCを迎え撃った。試合開始時から流動的なポジションを取り、ペースを握った鳥栖は、山下敬大の2ゴールと本田風智の目の覚めるようなスーパー弾丸ミドルが決まり、3-0で横浜FCを一蹴。勝点を17として4位に浮上した。

 そのほか、北海道コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズは2-2、ベガルタ仙台と横浜F・マリノスは0-0で引き分け。リカルド・ロドリゲス監督の古巣対決となった浦和レッズと徳島ヴォルティスの一戦は、指揮官が現在チームを率いる浦和が1-0勝利。両チームがギリギリのところでピンチを防いでいた柏レイソルとガンバ大阪の一戦は、76分に大谷秀和がゴール右のポストに当てながらもシュートをねじ込み柏に勝利をもたらした。

 J1リーグ9節の結果は以下の通り。

●4月10日開催分
広島0-1湘南
C大阪2-2福岡

●4月11日開催分
札幌2-2鹿島
仙台0-0横浜
FC東京2-4川崎
鳥栖3-0横浜FC
大分0-3名古屋
浦和1-0徳島
1-0G大阪
神戸1-1清水

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
川崎が圧巻の4ゴール。多摩川クラシコでFC東京を撃破しリーグ4連勝
【J2】新潟が山形を下して首位堅持。2位琉球も水戸に完勝。千葉が3位金沢を破り、3試合ぶり白星!
「意味不明だ、許せない!」久保建英、まさかの早期交代に辛辣批判!「誰か説明してくれ」
【クラシコ採点&寸評】R・マドリー2-1バルセロナ|華麗なヒール弾の主砲をMOMに!ウイング起用が大当たりのMFも最高評価
「疾風怒濤の勢いだ」なでしこジャパンの“ゴールショー”にパナマ・メディア脱帽!「圧倒的な強さを見せつけた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ