「悲しみから救えず」本田圭佑のデビュー戦を現地紙は辛口評価!「彼はほとんど影響を与えなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月05日

「デビュー戦は失敗」と評するメディアも

自身8か国目のデビューを飾った本田。写真はボタフォゴ時代のもの。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間4月4日に行なわれたアゼルバイジャン・リーグ第21節のスムガイト戦で、ネフチ・バクーの本田圭佑がデビューを飾った。

 このホームゲームでベンチ入りを果たした本田は、2点をリードされて迎えた後半頭から出場。何本かいい形でパスを出したシーンもあったが、ゴールには繋がらず、チームは0-2で敗れている。

 現地メディア『Sputnik Azerbaijan』は「デビュー戦は失敗。優勝を狙うネフチは首位から陥落している」と辛口評価。

 また、『AzeMedia』は「待望のデビューだった」と伝えつつも、「約3か月半、公式戦に出場していなかった影響は明らかだった」と綴った。
 
「チームがすでに2点をリードされているなか、ホンダは期待を背負って出場した。スルーパスでチャンスを作り、自らもシュートを放ったが、ほとんど影響を与えなかった。21試合を終えて2位につけている新たなチームを悲しみから救うことはできなかった」

 サミル・アバソフ監督は、試合後の会見で「今日はどの選手についても話すつもりはない。本田も含め、チーム全体にとって悲しい試合だった」とコメントしている。

 同リーグは残り7試合。本田は熾烈な優勝争いを演じているチームを栄冠に導くことができるか。次節は、10日にアウェーでガバラと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】本田圭佑がアゼルバイジャンデビュー! 試合のハイライトはこちら
【関連記事】
「僕は嫌ですけど、森保さんは…」本田圭佑が語った東京五輪出場への道筋。アルゼンチン戦を見てボランチは断念?
「結果は受け入れがたい」本田圭佑が新天地デビュー戦に悔しさ露わも…3か月ぶりの公式戦に「やっぱりいいっすね」
「100%を出していない選手がいた」本田圭佑がミラン時代を伊紙で回想! 2人のイタリア代表の練習態度に苦言も…
「カガワは日本産の失敗作だ」まさかのベンチ外となった香川真司に地元メディアから厳しい声「監督の信頼を全く得られていない」
「14-0」で勝てる日本は世界から取り残される危険性も。ポルトガルがアゼルバイジャンに苦戦する欧州予選と比べると…【小宮良之の日本サッカー兵法書】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ