モンゴル代表監督が日本戦に向け意欲満々!「様々な困難を乗り越えたことを証明したい」唯一の欧州組FWも来日

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月29日

「サッカー以外の様々な困難を乗り越えたことを証明したい」

2019年10月にもアジア二次予選で来日したモンゴル代表。日本のスタジアムに駆け付けたサポーターに拍手を送っていた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 3月29日、日本サッカー協会(JFA)は30日にワールドカップ・アジア二次予選で対戦するモンゴル代表の来日と、試合に向けて同国代表監督のコメントを発表した。

 JFAによれば、モンゴル代表はトルコでのトレーニングキャンプを経て26日に日本入り。27日からは千葉県内でトレーニングを実施し、30日の試合に備えているという。

 さらにJFAは、来日した代表メンバーと、試合に臨む監督のコメントも発表。すでにこれまでの勝敗結果で二次予選は敗退が決まっているが、ラスティスラブ・ホジク監督は日本代表との試合に意気込んでいるようだ。
 
「2018年にJFAのセミナーで来日した際に、JFAが掲げている夢はとても立派で、ぜひその夢を実現することを望んでいます。そのような相手と戦うことに対し、選手のモチベーションは自然と高まります。試合では我々の戦術をもとに、安定したパフォーマンスを発揮し、サッカー以外の様々な困難を乗り越えたことを証明したいと思います」

 また、来日メンバーは24人で、23人が国内リーグでプレーする選手となった。唯一の欧州組となったのは、ハンガリー1部のプスカシュ・アカデーミアに所属するFWガンバヤル・ガンボルド。2016年からハンガリーの同ユースに所属する21歳だ。

 モンゴル戦は30日にフクダ電子アリーナで行われる。キックオフは19時30分の予定だ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】韓国、モンゴル戦に臨む招集メンバー23人
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ