韓国戦で出色の出来、“海外組”守田英正に起きた変化とは?共演した遠藤航、ライバルの柴崎岳については…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月29日

守田はモンゴル戦に出場すれば、代表公式戦デビューとなる

遠藤とは「イメージはお互い共有出来ている」と語る守田。“海外組”となって自ら発進する行動力がついたという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表の守田英正は3月29日、オンライン上で取材に応じ“海外組”として初めて挑んだ韓国戦を振り返った。

 今年1月に川崎フロンターレからポルトガルのサンタ・クララへ移籍した守田は、3-0で快勝した25日の韓国戦について、「日本に移動して来て、2日しか練習していないなかで、他の選手とコミュニケーションを取る時間が無かったなかで、チームとしても個人としても高いレベルでプレーできたことは、すごく自信にも繋がりましたし、なにより3-0で結果を出せたことが本当に良かった」と確かな手応えを掴んだようだ。

 また、初めて“海外組”となったことで「メンタル的な部分で変化はだいぶあったと語る。

「多少遠慮していた部分とか、良くも悪くも海外組の選手というのは、憧れというか目標にしていた部分もあって、その選手たちに対等にというか、同じレベルと水準でモノを話すというのが昔はできなかった部分もあった。

 今は、リーグ(のレベル)に上下はありますけど、そこの環境に適応するとか、言語が違うとか、いろんな部分である意味同じステージだとも思っているので、共感してできる部分や、もっと知っていきたいという気持ちもすごくあるので、僕からピッチ外で先輩方に話を聞いて、自分から発信するという行動力が少なからず芽生えました」

 欧州移籍を決断した理由については次のように話す。

「個人的には、強度の高さを求めて海外に行ったぶん、この2か月で球際とかセカンド(ボール)を拾う事だったり、インテンシティの高さに触れながらサッカーをしていたので、そこの違いを見せたかったというのが一つあった。(日韓戦では)相方が(遠藤)航君だったのですが、僕以上に活躍していて点も決めて、凄いなというのは横から見ていた。ある程度やれた部分ともうちょっとできないといけない部分とあって、そこを知ることができて良かった」
 
 さらに、コンビを組んだ遠藤について「僕と考えが似ている。守備のところだと、奪いに行くタイミングなど僕と重なる部分があるなと思う。だからこそ、思い切って前に出たときに、カバーに入ってくれているのが分かり、そこの部分の不安は一切ない」として、韓国戦では「お互いの距離がすごく良かった」と言う。

 森保ジャパン発足以来、このポジションでは柴崎岳が不動の地位を築いていた。今回は招集外だったが、守田にとってもライバルとなる柴崎については、「長年代表を支えてきた選手。僕にはない部分もある。そこで勝負しても僕は勝てないが、守備の部分では僕も負けてないなと思っている。攻撃のところのセンスだったり、一本で刺すようなパスとか、キックの精度。正直僕にはまだまだ足りてないかなと思うので、勝ち負けとかはわからないですけど、僕が岳を超えて行くには、攻撃の部分で何か光る特長を作っていかないといけないなと思います」と分析した。

 日本代表はリスタートするワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦を明日30日に行なう。2019年1月のアジアカップ直前に代表を離脱した守田にとっては初の公式戦だ。「このタイミングで出れるかどうかは置いておいて、チャンスがあるというのは有難い。勝って当たり前と思われている試合や、絶対に勝たないといけないという試合に僕はまだ巡り合っていない。(モンゴル戦に出場出来れば)その一歩目となるので、楽しみにしています」と翌日のワールドカップ予選に思いを馳せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
森保一監督が考えるモンゴル戦のスタメンは? 「韓国戦から大きく変えない」
癌で闘病中の元韓国代表ユ・サンチョル氏が危篤状態と現地報道。「奇跡が起こることを望んでいるが…」
「良い経験が積めて良かったです、という年齢ではない」韓国戦不出場の稲垣祥、松原健が語る日本代表
【三浦泰年の情熱地泰】弱すぎた韓国、5-0でもおかしくない内容…無音声で見た日韓戦の正直な感想は?
「日本と闘う覚悟はあったのか!」韓国メディア、母国代表戦士たちの“怠慢な姿勢”を問題視!「まんまと術中にハマった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ