• トップ
  • ニュース一覧
  • U-24日本、南米予選1位のアルゼンチンに0-1惜敗… 久保、三笘が初共演も強豪の壁を破るには至らず

U-24日本、南米予選1位のアルゼンチンに0-1惜敗… 久保、三笘が初共演も強豪の壁を破るには至らず

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

前半の1点を守り切られ1戦目を落とす

アルゼンチンの攻撃を渡辺が身を挺して防ぐ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 国際親善試合のU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表の一戦が3月26日、東京スタジアムで行なわれ、アルゼンチンが1-0で勝利を収めた。

 日本は、前線に久保建英と三笘薫という国内外のタレントふたりが初共演。さらに三好康児が2列目右サイドに入り、1トップに田川亨介を起用。ボランチはキャプテンの中山雄太と渡辺皓太が入り、最終ラインは右から菅原由勢、渡辺剛、板倉滉、旗手怜央と並んだ。GKは大迫敬介が起用された。

 試合は立ち上がりから、南米予選を1位で突破したアルゼンチンに押し込まれた。再三ピンチを迎えた日本は粘り強く凌いでいたものの、21分には右サイドを突破されクロスを供給されると、最後はアドルフォ・ガイチにヘディングシュートを叩き込まれた。日本がアルゼンチンに先制を許してしまう。

 日本は左サイドの旗手のチャンスメイクや久保、三笘のドリブルでの仕掛けから突破口を見出そうとするが、なかなかゴールを脅かすことができない。

 1点ビハインドで迎えた後半は、ロングボールでディフェンスラインの背後を突く攻めも見せ、アルゼンチンを押し込む時間帯も。66分には三笘に代えて走力のある相馬勇紀を投入してさらに縦への圧力を強める。
 

 試合は1点ビハインドのまま終盤に突入。日本は久保や田川、相馬が果敢に相手ボールへアプローチをかけていくが、アルゼンチンの巧みな守備にいなされゴールを奪いきれない。

 結局、試合は1-0でアルゼンチンが勝利を収めた。両者は中2日をおいて3月29日、北九州スタジアムで再び相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【セルジオ越後】久保や三笘は視聴率に見合う活躍をした?ゴールに向かう怖さがまったくなかったよ
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「えっぐいなぁ」「海外にばれる!」三笘薫が開始27分、アルゼンチン相手に見せたドリブル突破にファン熱狂! 解説の中村憲剛氏も…
視聴率8.9パーセント、韓国メディア各社が報じた“横浜惨事”――スコアだけでなく「マナーでも負けた」屈辱的な敗戦
「日本のプレスは凄まじかった」韓国代表キャプテンが明かした“日韓戦惨敗”の舞台裏「認めなきゃいけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ