「サントスに残りたいと思っていたが…」鹿島新加入ピトゥカが語る移籍の本音

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月21日

母国を離れ、アジアへの旅を決断した理由は…

サントスから鹿島に加入したピトゥカ。自身初挑戦の海外移籍で、持ち味を存分に発揮することはできるか。(C)Getty Images

画像を見る

 名門サントスから今年1月、鹿島アントラーズに電撃加入したディエゴ・ピトゥカが、ブラジルメディア『UOL Esporte』の独占インタビューに登場。移籍への率直な想いを明かしている。

 現在28歳のブラジル人レフティは、経験豊富で、リーダーにもなれる職人肌の選手だ。また、ボランチを本職としながらSB、CB、攻撃的MFほか、トップで出場した経験も持つなど、その圧倒的なユーティリティ性も魅力である。

【動画】リベルタドーレス杯準決勝で、ピトゥカが奪ったゴールはこちら

 そんな屈指の実力派が、母国を離れアジアへの旅を決断したのは、サントスの財政負担軽減への貢献とともに、より多くの給料を貰うことで、生後9か月の長女により良い環境を与えたいという、強い想いからだという。

「僕はクラブに対する愛情があるから、サントスに残りたいと思っていたが、娘の誕生とともに状況は変わった。もっといい環境を手に入れたいと思ったんだ。彼女のより良い未来のために」

 また、長女は契約に「イエス」と答える決め手となっただけでなく、人生においても、大きな克服要素となったようだ。
 
「昨年は、祖母を亡くすという大きな喪失感に苛まれた。僕は彼女にとても愛着を持っていたので、非常に大きな出来事だった。しかし、その翌月には娘の誕生という人生最大の幸せに恵まれた。そして、妻の祖母マリアと、僕の祖母アリスの名前を取って、リスペクトの意味も込めてマリア・アリスと名付けたんだ。これはパンデミック真っ只中の出来事だったね」

 困難も乗り越え挑む、自身初の海外挑戦。ピトゥカは新天地での意気込みとともに、「必要ならば戻ってくる」と古巣への溢れる愛を改めて示している。

「『新しい国』、『新しいサッカー』に挑戦してみたいと思ったのも理由のひとつだ。ただ、僕はクラブの会長ほか、全ての人と考えを明確に共有しておいた。サントスで何が起こっても、みんなは僕の居場所を認識して、僕は戻ってくるだろうという考えをね」

 今もなお続くパンデミックの影響で、いまだ来日を果たせていないが、パーソナルトレーナーとともにトレーニングを行ない、鹿島のコーチらと連絡も取り合うなど、来る日のデビューに向け、コンディションを高めているというピトゥカ。まもなく緊急事態宣言も解除されるというなかで、覚悟を背負った男の、“常勝軍団”での大暴れに期待が高まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「久保建英はジダンの手に負えない」マドリーの“才能潰し”を現地メディアが糾弾!「他とは違う才能があるのに…」
イニエスタ2世の驚異的な“市場価値急騰”に現地注目! 半年で10倍、なんと約79億円アップ
「恐怖の顔面蹴り!」チェコ代表GKを襲った“情け無用のハイキック”に非難が殺到!
「正直、ここ3年のプレーは好きじゃない」岐阜指揮官が柏木陽介の課題を指摘。今後求めるモノとは…
ジーコが熱望した鹿島加入のMFディエゴ・ピトゥカとは何者か? 一度は破談した移籍交渉がなぜ成立したのか――【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ