「恋に落ちるロングシュート」L・ダミアンが決めた衝撃の“反転40m超弾”に世界驚愕!「日本で輝き続けている」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月18日

GKのポジショニングについての指摘も

神戸戦で見事な反転から驚愕のロングシュートを叩き込んだL・ダミアン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 衝撃のゴールを海外メディアも称賛している。

 3月17日に開催されたJ1リーグの第5節で、川崎フロンターレは敵地でヴィッセル神戸と対戦。1-1で引き分け、開幕からの連勝が「5」でストップしたこの試合で、驚きの先制ゴールを叩き出したのがFWレアンドロ・ダミアンだ。

 スコアレスで迎えた72分だった。58分にヘッドでネットを揺らしながら、オフサイドでゴールとならなかったブラジル人ストライカーは、敵GK前川薫也が飛び出して前線に送り込んだフィードを川崎のDF谷口彰悟がダイレクトで返したライナー性のボールをトラップし、振り向き様にロングシュート。前川は完全に前へ出ていたため、無人のゴールへボールが吸い込まれた。

 この40メートルを超える驚愕弾を紹介したのが、ドイツのスポーツ雑誌『11 Freunde』だ。「日本からの恋に落ちるロングシュート弾」と絶賛しながらも、「たしかにL・ダミアンはハーフウェーライン付近で素晴らしい仕事をしたが、GKについても話さなければなりませんよね?」と続け、前に出ていた前川のポジショニングにも問題があったと指摘した。

【動画】世界驚愕! L・ダミアンが決めた衝撃の“反転40m超弾”はこちら
 また、L・ダミアンの母国ブラジルのメディア『Globo』は、次のように称えてる。

「L・ダミアンは、日本で輝き続けている。水曜日、インテルナシオナウ、サントス、フラメンゴの元ストライカーは、ヴィッセル神戸と1-1で引き分けたゲームで、美しいゴールを決めました。ブラジル人は、先にGKを見て、ピッチの中央付近から蹴ったのだ」

 開幕6試合で5ゴールと爆発している元ブラジル代表の点取り屋から、今後も目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ