原口元気にコロナ陽性報道。所属元ハノーファーは全選手が14日間の隔離措置へ。代表招集に影響も?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月15日

地元メディアが原口が陽性と報じる

全選手が隔離措置となったハノーファーに所属する原口。代表招集は難しくなりそうだ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月13日、ドイツ2部のハノーファーは選手のひとりに、新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表。14日に予定されていたヴュルツブルクとの一戦は中止となり、選手やスタッフに対して14日間の自宅隔離が指示された。

 クラブの発表では選手の名前は明らかにされていなかったが、現地メディア『SPORTBUZZER』は14日付けでそれが原口元気であるという情報を掴んだと報道。ドイツ紙『BILD』も同日付で同様に報じた。
 
 同メディアは、チームドクターであり衛生管理者のアクセル・パーテンハイマー氏が「感染がこれ以上広がらないようにするために、隔離は不可欠。陽性反応が出た選手に、深刻な症状が出ているわけではない」とコメントしたと伝えている。
 
 実際に隔離対象となっているのは、すべての選手、ケナン・コチャク監督、理学療法士のスタッフで、土曜日の夕方から”濃厚接触者”として隔離に入ったという。このうち、GKミヒャエル・エッサーは家族内に陽性が確認され、先週水曜日から隔離中。負傷中のティモ・ヒュバース、フランク・エビナは隔離対象にならないという。

 報道によれば、月曜日に選手と監督は再度検査を受けるとのこと。全員が陰性であれば、州政府の判断により、隔離が解除される可能性もあるようだ。

 ただし、今週金曜日に予定されているホルシュタイン・キールとの試合は中止となる見込み。その後、欧州では代表ウィークに突入するため、4月上旬までリーグ戦は休止するが、その後の過密日程への影響が懸念されている。

 加えて、日本代表も日韓戦とカタール・ワールドカップ2次予選のモンゴル戦が予定されており、原口、室屋成の招集に少なからず影響を及ぼしそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「大胆な試みだったが…」“普段と異なる”起用で奮闘したフランクフルト鎌田大地、長谷部誠の現地評価は?
「日本人ふたりが衝撃を与えた」強豪を撃破した堂安&奥川のアベック弾に現地メディアが驚嘆!「敵を凍りつかせた」
なぜ、ハノーファーに原口元気が欠かせないのか? 今夏の去就問題で浮彫りになる「背番号10」の存在感【現地発】
室屋成への「スシの国」発言は人種差別か? ドイツファンの意見は真っ二つ! ハノーファー関係者は…
「あんなに長くは…」長谷部誠について、7歳年下の“ライバル”は何を思う?「ハセが競う相手は日本にいる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ