【大分】「同点ゴールは嬉しいですが…」チームに勝点をもたらした町田也真人が反省しきりだったワケ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月14日

今季初ゴールでチームを救う

劣勢の展開のなか、貴重な同点弾を挙げた町田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ4節]大分1-1FC東京/3月14日/昭和電工ドーム大分

 FC東京にリードを許す展開だったが、大分トリニータが意地を見せて追いつく。チームを救う同点弾を決めたのが町田也真人だ。

 この日大分は、終始FC東京に主導権を握られる展開となった。サイドを起点に猛攻を仕掛けてくる相手に対し、守備時には5バックでブロックを固めて守ったものの、28分には左サイドから崩されて先制点を与えてしまう。

 その後もFC東京のペースで時間は推移していったが、76分に一瞬の隙を突いて同点とする。坂圭祐がロングパスをペナルティエリア中央へ供給し、伊佐耕平が胸で落とすと、これに飛び込んだ町田が冷静にゴール左へ流し込んだ。

 町田は試合後のフラッシュインタビューで、「最初は裏に抜けようと思ったんですけど、自分の真上を(ボールが)越えていったので、セカンドボールがあるかなと思った。伊佐が良いところに落としてくれました」と得点シーンを振り返った。
 
 前節から中3日で挑んだFC東京に対し、大分は前節のガンバ大阪戦が新型コロナウイルスの影響で中止となったため、約1週間の準備期間があった。町田はその点に触れつつ、勝利をモノにできなかった悔しさを露わにした。

「準備の時間がFC東京さんよりもあったなかで勝ち切れなかったし、同点ゴールは嬉しいですが、そのほかにもチャンスはあった」

 そのチャンスをモノにできなかったことを「反省したい」と語る。

 次節は中2日で、現在2連勝中で4位につけるセレッソ大阪のホームに乗り込む。難敵との対戦を前に町田は、「みんなで勝利を目指して、ひとつでも上の順位にいけるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
FC東京が渡邊凌のJ1初弾で先制も…大分が町田の一撃でドローに持ち込む
「存在感エグすぎる」「次元が違う」三笘薫のドリブル突破が止まらない!! 柏戦の驚愕アシストに大反響
「リストに一人もいない」英紙選定の“歴代アジア選手トップ20”に中国衝撃!「日本はスターが大勢いるのに…」
突然の幕引き! 小林祐希が主審の“殺すぞ”発言は聞き間違えだったと謝罪。「あれは I kill youではなく…」
「なんだ、このオジサンはって」内田篤人氏がセルジオ越後氏との“秘話”を明かす!「それから俺の悪口を言わないようになった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ