広島が柴﨑&柏の2発で今季初白星! 札幌はA・ロペスが1点を返すも反撃及ばず2連敗…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月10日

札幌は後半に主導権を握るも…

決勝点となるチームの2点目を決めた柏。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは、3月10日に第3節の9試合を各地で開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島と北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、最後までリードを守り抜いた広島が2-1で勝利を収めた。

 広島は、前線に前節の横浜F・マリノス戦でゴールを決めているドウグラス・ヴィエイラ、ボランチには森島司を配置。札幌はチャナティップが試合の直前のアップで負傷したため、代わって高嶺朋樹が今季リーグ戦初先発を飾っている。

 試合は広島が開始2分に先制点を奪う。カウンターからの藤井智也のファーストシュートがGKに弾かれ右CKを得ると、キッカーの森島がアウトスイングのクロスを供給。これにファーサイドでフリーとなっていた柴﨑晃誠が頭で合わせ、ゴール右に突き刺す。

 幸先よく先手を取り、勢いに乗るホームチームは、さらに8分にも追加点。落ち着いたビルドアップから藤井が左サイドをドリブルで駆け上がると、ペナルティエリア手前中央に横パスを供給。これに走り込んでいた柏好文が右足のダイレクトでグラウンダーのシュートを放つと、ボールはゴール右に吸い込まれた。
 
 しかし負けられない札幌も徐々にリズムを取り戻すと、中央での細かいワンタッチパスの連携や、右サイドの金子の鋭いカットインなどから相手を押し込む。すると43分、ペナルティエリア右に進入したルーカス・フェルナンデスが柴崎に倒されPKを獲得。これをキッカーのアンデルソン・ロペスが冷静に沈めて1点を返す。

 後半に入っても主導権を握るのは札幌。前半よりも選手の距離感が良く、ハイテンポなビルドアップで相手を混乱させる。また、金子が得意のドリブルで積極的に仕掛け、68分にはペナルティエリア手前から積極的にシュートを放つなど存在感を発揮。札幌が得点の匂いを感じさせる試合運びを続ける。

 それでも、広島がコンパクトな守備ブロックを敷き、身体を張って最後までリードを守り抜き今季初勝利。一方札幌は反撃及ばず2連敗を喫した。

 次戦はともにアウェーで、広島が13日に鹿島アントラーズと第4節、札幌は17日に浦和レッズと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
なぜ韓国代表はコロナ禍で“アウェーの日韓戦”を受け入れたのか―― 政府を動かした「異例の措置」とは?
【J1ベストイレブン】敵地で大勝の川崎から最多3選手。MVPは4得点に絡んだストライカー|2節
「またその話か。後悔しているよ…」韓国の英雄パク・チソンが10年前の日韓決戦での振る舞いに自責の念! なぜ“蹴らなかった”のか?
「メトシェラ・ハセベ」長谷部誠の契約延長に、海外メディアから驚嘆の声!「彼はフランクフルトのアイコンだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ