【福岡】なぜ土壇場でサロモンソンはFKを決められたのか? 「FKの時はいつも…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月06日

「二度目は強めに蹴ることを心掛けました」

チームを敗戦から救うFKをねじこんだE・サロモンソン。「大切な場面で決められてよかった」と振り返る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 チームに勝点1をもたらす値千金のFK弾だった。

 福岡は1-2で迎えた90+2分、ペナルティエリアから少し離れ、ゴールに向かってやや右寄りの位置でFKのチャンスを得る。キッカーはエミル・サロモンソン。右足から放たれたボールは壁に入った相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 後半の立ち上がりにはペナルティアーク内でFKを蹴る場面があった。この時のキックも壁に阻まれ、そして枠を捉えることはできなかった。

 E・サロモンソンはしっかりと微調整を施した。

「一度目のFKは距離が近かったこともあり、少し力を弱めて蹴りました。それで失敗したので、二度目は強めに蹴ることを心掛けました」

 味方の想いも、その右足に込められていたのだろう。
 
「FKでは、みんなが自分のことを信じてくれている。それは分かっているので、FKの時はいつも自分のベストを出すことができています」

 リーグ開幕戦、ルヴァンカップ初戦ともに敗れている福岡だったが、E・サロモンソンの一発で公式戦3連敗は免れた。悪い流れはひとまず止まった。このドローをきっかけに、次こそは勝利を掴み取りたい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】試合を盛り上げたアビスパ福岡オフィシャルチアリーダーズを特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ