「エメリに忘れられた」「最も奇妙なケース」久保建英は最低評価? スペイン紙がマドリーのレンタル組を“査定”

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月05日

ベイルやレイニエールが復調するなか…

今冬に移籍したヘタフェでもベンチスタートが続いている久保。(C) Getty Images

画像を見る

 キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)やアーリング・ハーランド(ドルトムント)の獲得を狙っているレアル・マドリーだが、コロナ禍によりクラブの懐に余裕はなく、大型補強をするのは容易ではない。

 そこで重要になるのが、レンタル組の復帰だ。3月5日、スペイン紙『Marca』の電子版が、現在マドリーが他クラブに貸し出している9人の現状をレポートしている。

 紹介されたのは、ガレス・ベイル(トッテナム)、ヘスス・バジェホ(グラナダ)、ボルハ・マジョラル(ローマ)、ダニ・セバジョス、マルティン・ウーデゴー(ともにアーセナル)、ブラヒム・ディアス(ミラン)、レイニエール(ドルトムント)、ルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、そして久保建英(ヘタフェ)だ。

 久保については、「クボは定着できない」と見出しをつけ、「最も奇妙なケース」と綴っている。

【動画】衝撃のゴラッソ炸裂!久保建英の最新試合のハイライトはこちら
「クボは今シーズン、2度目のローンで、昨年のマジョルカを数えると3度目となる。しかし、ビジャレアルでもヘタフェでも、何も勝ち取ることができていない。(ビジャレアルの)エメリ監督は、彼をヨーロッパリーグ要員に降格させ(5試合)、リーグ戦では存在を忘れた(16試合で先発は2回)。

(ヘタフェの)ボルダラス監督は彼に4回連続(19~22節)で先発の機会を与えたが、直近2試合で日本人は14分しかプレーしなかった。今シーズンの1ゴール・3アシストは、すべてビジャレアルでマークしたのものだ」

 その他の選手では、ともに精彩を欠いていたベイルが「目を覚ます」、レイニエールが「トンネルの終わりの光明」とポジティブに伝えられている。一方で、久保はヨビッチとともに「戸惑っている」と指摘されており、レンタル組の中でも最も厳しい状況にあると、記事は伝えている。

 マドリーへの復帰を目指すうえで、ヘタフェでのアピールは欠かせないのだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ