【川崎】より評価されるべき旗手怜央の献身。挑戦中の左SBでも存在感

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年02月27日

アタッカーとして居残りでのシュート練習も

昨年末から左SBに挑戦中の旗手。持ち味を発揮している。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第1節]川崎2-0横浜/2月26日/等々力

 昨季の王者である川崎が、2019年の王者・横浜を2-0で下した今季のリーグ開幕戦。試合終了のホイッスルと同時にピッチに倒れ込んだのは大卒2年目の川崎のFW旗手怜央だった。

 エネルギーを使い果たしたのだろう。それだけ横浜戦でも、ピッチを駆け回り、味方をサポートし、ゴールへと迫った。

 今季から「高校3年間でつけていた練習試合用のユニホームの番号で愛着がある」47番を背負う男は、サッカーセンスの塊である。技術の高さは定評があり、戦術理解度も高い。だからこそFWながら大卒1年目の昨季も、4-3-3においてウイングに加え、インサイドハーフでも起用され、鬼木達監督の信頼を得てきた。

 そして昨年末の天皇杯で、登里享平らレギュラー選手の負傷を受けて、彼が新境地を開いたのが左SBであった。

 先のG大阪との富士ゼロックス・スーパーカップ(3-2)に続き、横浜戦でも左SBで先発した旗手は、ゴールには絡めなかったとはいえ、躍動感のあるプレーを披露した。左サイドで組むのは同期のウイング・三笘薫である。阿吽の呼吸で連係して左サイドを崩しにかかり、縦への攻め上がりだけでなく、インナーラップでパスの受け手ともなり、スペースも生み出す。

「彼にしかできない動きをしてほしい。SBの枠にとらわれる必要はない」

 鬼木監督が当初から期待していたプレーぶりを示していると言えるだろう。さらにこのゲームでも、後半途中からインサイドハーフへ回り、改めて柔軟に一人二役をこなしてみせた。
 

左サイドでは同期の三笘とコンビを構築。好連係を見せる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨季、同期の三笘が大きく注目を浴びたことで、比較されることも多かった。ただ、チームへの貢献度を鑑みれば、より高く評価されて然るべき選手である。様々なポジションで起用されても、求められていることを理解し、それ以上のパフォーマンスを示そうと努力する。そしてイメージを実行するだけのセンスと実力も備わっている。

 前述した三笘との左サイドからの崩しはチームの新たな武器になりつつあり、彼が今後、どのようなSB像を示していくのかも非常に興味深い。

 ただ本来はアタッカーである。居残り練習では、豪快な、そして精度の高いシュートを何本も打ち込んでいる姿も実に印象深い。今後、彼の努力が報われるようなゴール、プレーが生まれることも切に期待したい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 2-0 横浜|川崎の崩しは見事。MOMは2ゴールの頼れる男で決まり
【川崎】開幕戦で改めて見えた強さの根源。象徴的だった美しい2ゴールと試合後の表情
「練習でやっている形」2021年の開幕戦で王者・川崎が快勝! 家長昭博が華麗な2ゴールを振り返る!
【金J特集】リーグ開幕直前、鬼木達監督インタビュー。王者はどう進化するのか
王者・川崎が横浜とのリーグ開幕戦を制す。家長が2ゴールの活躍!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ