岡崎慎司が絶妙アシストでゴラッソ演出! 最下位ウエスカは王者マドリーに善戦も痛恨の逆転負け

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月07日

岡崎は62分までプレー

3試合連続の先発出場の岡崎は、アシストをマークした。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月6日に行なわれたラ・リーガ第22節で、日本代表FW岡崎慎司が所属する20位のウエスカは、ホームで3位のレアル・マドリーと対戦。岡崎は2トップの一角で3試合連続の先発出場を果たした。

 立ち上がりからウエスカが鋭い出足を見せ、3分には右サイドをえぐったラファ・ミルからのクロスに岡崎がニアで飛び込むが、わずかに合わない。

 中盤以降は本領を発揮したマドリーにボールを握られ、守勢に回る時間が続く。ただ、最終局面ではきっちりと守備を固め、先制点は許さない。前半をスコアレスで終える。
 
 後半に入って48分、ウエスカが一瞬の隙をつき、待望の先制点を奪う。ミケル・リコから右サイドでボールを受けた岡崎がゴール前まで一気に駆け上がり、中央へ折り返しのパス。これを受けたハビ・ガランが得意の左足を振り抜き、豪快にゴールネットへ突き刺した。

 だが、リードは長くは続かず。55分、カリム・ベンゼマのFKがクロスバーに当たり、ゴール前で混戦となったところを最後はラファエル・ヴァランヌに押し込まれ、同点に追いつかれてしまう。

 岡崎が62分にお役御免となった直後の63分には、J・ガランのピンポイントクロスに、ゴール前のミルがヘッドで合わせるが、ここは名手ティボー・クルトワにスーパーセーブで防がれ、勝ち越し点は奪えない。

 そして84分、FKの流れから再びヴァランヌに逆転弾を許す。結局、試合はこのまま1-2で終了。ウエスカは痛恨の逆転負けで、連勝とはならなかった。

 次節は13日にアウェーでセビージャと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ