「日本からの引き抜きはトレンドに」浦和レオナルドの電撃移籍報道に中国メディアが反応。気になる“内幕”は――

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月03日

移籍金は「7億円」?

中国参戦が有力視されている浦和のレオナルド。その背景が明らかになってきた。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 再建を目指すレッズの主砲が中国移籍を決断したようだ。

 J1で11位に終わった昨シーズンから立て直しを図り、「ACL出場権獲得(リーグ3位以上)」を目指す今シーズンの浦和レッズ。徳島ヴォルティスを4年間指揮したリカルド・ロドリゲスを招聘したチームにあって、エース級の活躍が期待されたのが、入団2年目のレオナルドだ。

 強靭なフィジカルと高い決定力を武器に、昨シーズンはチーム最多となる11ゴールをマーク。新チームでも得点源として期待されていたストライカーは、ここにきてチームを離脱し、中国の山東魯能泰山への移籍が決定的になったと報じられている。

 Jリーグからの大型ストライカーの電撃移籍は中国メディアでも小さくない話題となっている。その内幕を報じた有力ポータルサイト『捜狐』は、「1億円どころではない」と関係者のコメントをすっぱ抜いた。

「実際の移籍金はおそらく7億円ぐらいになる。昨シーズンに浦和は3億円で彼を獲得していた。このタイミングで売却するリスクも考えて、損の無い金額になった」

【動画】多彩な得点パターンをJで発揮! 鳥取時代からのレオナルドのゴラッソシーンはこちら
 また、同メディアは山東魯能泰山がレオナルド獲得に動いた要因に、「今冬にチーム退団した元イタリア代表FWのグラツィアーノ・ペッレの後釜として狙った」と報道。さらに中国サッカー界の“ある事情”が絡んだことを伝えた。

「レオナルドは数千万ユーロを必要とするヨーロッパのスター選手に比べて費用対効果が高い。いま、中国サッカー界はキャップサラリー制が導入されており、あらゆる点で理に適っていると考えられている。

 近い将来、日本をはじめとする他のアジアのクラブでプレーする南米やヨーロッパの選手の引き抜きは、トレンドとなるかもしれない。レオナルドのような選手はアジアでの生活やリーグでの戦いに慣れており、中国での生活に馴染むのも問題ない」

 同メディアによれば、「一両日中に正式に契約に至るだろう」とされるレオナルドの山東魯能泰山移籍。浦和の今後の動きを含めて目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ