【FC東京】「今の自分は想像できなかった」。長野退団、トライアウトを経て古巣復帰を果たした阿部伸行の本音

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年01月26日

契約後は「顔をつねったり、契約書を改めて見直した」

古巣復帰を果たした阿部。ピッチで結果を残したい。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2010年シーズン限りでFC東京を退団した守護神が、11年の時を経て古巣に復帰。36歳になった阿部伸行はFC東京からオファーをもらった時、「即決」したという。

 ただ、自分が今FC東京の一員でいられることをにわかに信じられない想いもあったそうだ。昨季限りで長野(J3)との契約が満了した阿部は実はトライアウトを受けていた。その時点では、まさかJ1のFC東京から声がかかるとは思っていなかったのだ。

「正直、今の自分は想像できませんでした。トライアウトを受けている頃は。ひとつ変わってないのは現役を続行したいという気持ちですが、新天地がFC東京だとは思っていませんでした。契約のお話をさせていただいて家に帰った時、お風呂に入ってパジャマになって、これで寝たら夢になっちゃうのかなとか、なかったことになってんじゃないのかなとか、そういう不安もありました。だから結構真剣に顔をつねったり、契約書を改めて見直したり、そういうことはしました」
 
 オファーが来たのは「大晦日」だったと記憶しており、それが本当なら最高のプレゼントを持って年を越せたことになる。ただ、移籍できたことで満足しているわけではない。

 「(昨季のFC東京が)三大タイトルのひとつ(ルヴァンカップ)を獲ったことはビッグニュース。連続してタイトルを獲ることが新しい目標になると思うので、それを達成したい」という阿部は、次のように意気込みを語った。

「自分は以前(FC東京に)所属した時はなかなか試合に絡めなかったので、試合に出てチームを勝たせることで初めて、今回の移籍は完結すると思っています。それを必ず達成したいです。それをファン・サポーターの方にまず伝えたいです」

 その日が訪れることを、ファン・サポーターも願っているに違いない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【FC東京新体制PHOTO】長谷川監督「シャーレを持ちたい!」青木拓矢、渡邊凌磨ら新加入選手を迎えたFC東京がタイトル獲得に向け始動!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ